お知らせ - 個人会員・賛助会員等短信
ニコン、コンパクトカメラ3機種とFX用の新80-400VRレンズを発売 2013年3月5日 
 当協会の賛助会員である株式会社ニコンは、同じく賛助会員である株式会社ニコンイメージングジャパンを通じてコンパクトカメラ「COOLPIX A」・「COOLPIX P330」・「COOLPIX S3500」を3月下旬に、FXフォーマット対応のFマウント交換レンズ「AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR」を3月14日に、それぞれ発売すると発表した。

 「COOLPIX A」はニコン初となるDXフォーマット撮像素子を搭載した16MP静止画・フルHD30p動画撮影が可能なコンパクトカメラ。135サイズ換算で28mm相当の専用設計F2.8広角単焦点レンズと、一世代前の一眼レフ機に使われていた画像処理エンジン「EXPEED 2」(ピクチャーコントロール対応)を搭載し、光学ローパスレス設計でDX一眼レフ機と同等の高画質・高描写性を実現した。同機専用の光学ファインダーやレンズフードも用意される。またストロボ・GPSユニット・ワイヤレスアダプタなど、一眼レフ用アクセサリの使用にも対応しているが、手ぶれ補正機能は実装されていない。ボディ外装はチタンではなくマグネシウム合金とのことだが、フィルム時代の Nikon 28Ti のポジショニングを彷彿とさせる高級コンパクトカメラに仕上がっている。オープン価格だが、ニコンダイレクトの直販価格は税込119,800円。

 「COOLPIX P330」はパフォーマンス製品群に属する12MP静止画・フルHD30p/60i動画撮影が可能なコンパクトカメラ。前モデルのP310同様に開放F値1.8の明るいレンズを搭載するほか、裏面照射型CMOS撮像素子を新たに採用して高画質化を図った。オープン価格だが、ニコンダイレクトの直販価格は税込44,800円。

 「COOLPIX S3500」はスタイリッシュ製品群に属する20MP静止画・720/30p動画撮影が可能なコンパクトカメラ。前モデルのS3300よりも光学ズーム比を高めたほか、カラーバリエーションも広げたお手軽モデル。オープン価格だが、ニコンダイレクトの直販価格は税込16,800円。

 「AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR」は長い間超音波モーター搭載とブラッシュアップが切望されていたFX用ズームレンズ。12群20枚構成、スーパーEDレンズ1枚・EDレンズ4枚、ナノクリスタルコート、シャッター4段相当の効果がある手ぶれ補正機構など、最新の技術を惜しみなく投入して高画質化を達成した。D4以降のF8対応測距点を備えたボディでは、1.4倍テレコンを装着した状態でもAFが動作する。メーカー希望小売価格は税込325,500円、ニコンダイレクトの直販価格は税込276,600 円。

 詳しくはリンク先を参照のこと。

COOLPIX A
 ニュースリリース
 http://www.nikon.co.jp/news/2013/0305_coolpix-a_01.htm
 製品情報
 http://www.nikon-image.com/products/camera/compact/coolpix/a/index.htm

COOLPIX P330
 ニュースリリース
 http://www.nikon.co.jp/news/2013/0305_p330_02.htm
 製品情報
 http://www.nikon-image.com/products/camera/compact/coolpix/performance/p330/index.htm

COOLPIX S3500
 ニュースリリース
 http://www.nikon.co.jp/news/2013/0305_s3500_03.htm
 製品情報
 http://www.nikon-image.com/products/camera/compact/coolpix/style/s3500/

AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR
 ニュースリリース
 http://www.nikon.co.jp/news/2013/0305_nikkor_04.htm
 製品情報
 http://www.nikon-image.com/products/lens/af/fx/zoom/af-s_80-400mmf45-56g_ed_vr.htm



ニコン、D7100とワイヤレスリモコンの発売を発表 2013年2月21日 
 当協会の賛助会員である株式会社ニコンは、同じく賛助会員である株式会社ニコンイメージングジャパンを通じて一眼レフカメラ「D7100」とワイヤレスリモコン「WR-1」を3月に発売すると発表した。

 D7100は24Mp静止画・フルHD30p/60i動画撮影が可能なDXフォーマット最上位機種。常用ISO感度100-6400 (25600相当まで増感化)、光学ローパスレス、中央1点F8対応・-2EVまで動作する51点AF(微調整可能)、対DX1.3×クロップ(対FX約2倍相当)、耐久15万回のシャッターユニット、レリースタイムラグ0.052秒、最大7コマ/秒の連続撮影、SDカードダブルスロットなど、プロユースも視野に入れた高い性能を備える。オープン価格だが、ニコンダイレクトの直販価格は税込138,000円。

 WR-1は電波を使う広指向性のワイヤレスリモコン。送信機/受信機の切り替えが可能で、WR-1相互間の通信距離は約120m。15チャンネルを装備し、複数カメラの同時/連動レリース、グループごとの遠隔操作、インターバルタイマ撮影、動画撮影等が可能。希望小売価格は税込69,300円、ニコンダイレクトの直販価格は税込62,370円。

 詳しくはリンク先を参照のこと。なお、カスタマサポートセンターによればニュースリリースによって「ニコン D800」のように機種名の前に「ニコン」がつく場合と「D7100」のようにつかない場合とが混在しているが、特に意味はないとのこと。

ニュースリリース
 http://www.nikon.co.jp/news/2013/0221_d7100_01.htm

製品情報
 「D7100」
 http://www.nikon-image.com/products/camera/slr/digital/d7100/

 「WR-1」
 http://www.nikon-image.com/products/accessory/camera/slr/remote_code/index.htm#wr-1



富士フイルム、2月15日からアルバム・プリント・フィルムの一括スキャンサービスを全国展開 2013年2月14日 
 当協会の賛助会員である富士フイルムイメージングシステムズ株式会社は、家庭にあるアルバム・写真プリント・フィルムをまとめてスキャンしてDVDに記録する「アルバムをDVD」・「写真をDVD」サービスを2月15日から全国の富士フイルム取扱写真店と富士フイルムネットプリントサービスで開始すると発表した。


 「アルバムをDVD」では写真アルバムを1冊まるごと画像データに変換し、テレビ再生用のDVDまたはBlu-ray、パソコン編集用のデータDVD、紙メディアのフォトアルバム(大小サイズから選択)の3点セットを作成する。アルバムのページ全体を一つの画像にするだけでなく、1枚1枚の写真も個別にJPEG画像としてデータ起こしを行う。価格は60ページまでのアルバム一冊あたり税込5,980円(フォトアルバム小サイズ)または6,980円(フォトアルバム大サイズ)。


 「写真をDVD」では、プリント/ポジ/ネガをスキャンして300万画素クラスまたは1,000万画素クラスのデジタル画像を作成し、データDVDに保存する。価格はプリント(2L以下)の場合、50枚まで税込1,995円〜1,000枚まで16,800円など。フィルムの場合、135ネガの300万画素全コマ書き込みがフィルム1本あたり税込357円〜473円、135ポジ/ネガ・ブローニー(セミ〜6x9)の1,000万画素書き込みが1コマあたり税込525円など。ポジはスリーブのみ対応。ネガ・ポジともハーフサイズは不可。指定コマのみの書き込み可。


※現行のJPA Web写真展掲載サイズは最大でも長辺960px(最大92万画素強)なので、トリミング不要なら1コマ300万画素あれば十分である。ちなみに「フルHD」と呼ばれるTV画面サイズ(=Blu-rayディスクへの記録画面サイズ)は1920×1080=約207万画素、TV再生用DVDは720×480=約35万画素。
※300万画素品質で良ければ、従来の「フジカラーCD」(税込価格例:CD1枚あたり525円+1コマあたり105円)よりも大幅に安くなる。


 詳しくはリンク先を参照のこと。

ニュースリリース
 http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/articleffnr_0748.html


ネットプリントの製品情報
 http://fujifilm.jp/netprint/scan/



パナソニック、コンパクトデジカメ8機種他の新製品発売を発表 2013年1月30日 
 パナソニック株式会社は、コンパクトデジカメ8機種を2月に、マイクロフォーサーズ用標準ズームレンズ1本を3月に、それぞれ発売すると発表した。詳しくはリンク先を参照のこと。

ニュースリリース
 http://panasonic.co.jp/corp/topics.html

カメラ製品情報
 http://panasonic.jp/dc/



カシオ、コンパクトデジカメ3機種の新製品発売を発表 2013年1月30日 
 カシオ計算機株式会社は、コンパクトデジカメ3機種を2月から3月にかけて発売すると発表した。「ハイスピードエクシリム」EX-ZR700/400の2機種についてはニュースリリースが出ているが、「エクシリム」EX-ZS160については出ていない。詳しくはリンク先を参照のこと。

ニュースリリース
 EX-ZR700/400
 http://www.casio.co.jp/release/2013/0129_EX-ZR700_400/

カメラ製品情報
 http://casio.jp/dc/products/



オリンパス、コンパクトデジカメ7機種他の新製品発売を発表 2013年1月30日 
 オリンパス株式会社は、コンパクトデジカメ7機種、従来機種の新色追加1種、マイクロフォーサーズ用望遠ズームレンズ1本を2月から3月にかけて発売すると発表した。詳しくはリンク先を参照のこと。

ニュースリリース
 新製品一覧
 http://www.olympus.co.jp/jp/news/newproduct.cfm

カメラ製品情報
 http://olympus-imaging.jp/



ペンタックス、防水コンパクトデジカメ3機種の新製品発売を発表 2013年1月30日 
 当協会の賛助会員であるペンタックスリコーイメージング株式会社は、防水コンパクトデジカメPENTAX WGシリーズ3機種を2月から3月にかけて発売すると発表した。

 防水ハイエンドモデルは耐水深14mの防水性能と2mからの落下に耐える耐衝撃性能を備え、25mm相当でF2.0始まりとなる光学4倍ズームレンズを装備したPENTAX WG-3と、さらにGPSや気圧計等を搭載したPENTAX WG-3 GPSの2機種(3月中旬発売予定)。防水スタンダードモデルは耐水深10m・耐衝撃1.5mで28mm相当始まりの光学5倍ズームレンズを装備したPENTAX WG-10(2月15日発売予定)。

 詳しくはリンク先を参照のこと。

ニュースリリース
 PENTAX WG-3/WG-3 GPS
 http://www.pentax.jp/japan/news/2013/20130130_1.html
 PENTAX WG-10
 http://www.pentax.jp/japan/news/2013/20130130_2.html

製品情報
 http://www.pentax.jp/japan/products/



キヤノン、コンパクトデジカメ6機種の新製品発売を発表 2013年1月30日 
 当協会の賛助会員であるキヤノンは、コンパクトデジカメIXYシリーズ3機種とPowerShotシリーズ3機種を2月から4月にかけて発売すると発表した。

 スタイリッシュズームシリーズとして位置づけられるIXYシリーズの新製品は、24mm相当から始まる光学10倍ズームWi-Fi機のIXY 610F、28mm相当から始まる光学8倍ズームWi-Fi機でスリムデザインのIXY 110F、Wi-Fiを省略したIXY 90Fの3機種。PowerShotシリーズは、カジュアルシリーズとして28mm相当から始まる光学5倍ズーム機のPowerShot A2600、単3電池に対応して光学ファインダを装備したPowerShot A1400の2機種、ニューコンセプトモデルとして自動画像加工機能とWi-Fiを搭載し、ネット専売となるPowerShot Nの1機種。PowerShot N は1回シャッターを切るとオリジナル画像に加えて色調やクロップエリアを変えた5種類のカットが自動生成されるカメラ任せ専用機種。

 詳しくはリンク先を参照のこと。

ニュースリリース
 IXYシリーズ他
 http://cweb.canon.jp/newsrelease/2013-01/pr-ixy610f.html
 PowerShot N
 http://cweb.canon.jp/newsrelease/2013-01/pr-psn.html

コンパクトデジカメ製品紹介
 http://cweb.canon.jp/camera/dcam/lineup/index.html



ニコン、COOLPIXシリーズ9機種とFX用交換レンズ2本の新製品発売を発表 2013年1月29日 
 31日からのCP+開催を前に、当協会の賛助会員である株式会社ニコンは、同じく賛助会員である株式会社ニコンイメージングジャパンを通じてコンパクトデジカメ「COOLPIX」のSシリーズ5機種、Pシリーズ1機種、AWシリーズ1機種、Lシリーズ2機種と、フルサイズ用交換レンズ2種類を発売すると発表した。

 COOLPIXのうちスタイリッシュ製品群に属するSシリーズはS9500, S9400, S6500, S5200, S31の5機種で、Wi-Fiや人肌補正機能などを搭載している。パフォーマンス製品群に属するPシリーズは35mm判換算24-1000mm相当の光学42倍ズームレンズや広視野角バリアングルモニタを搭載したP520の1機種。オールウェザー製品群のAWシリーズは耐水深18m・2m落下までの耐衝撃性などを備えたAW110の1機種。エントリ製品群のLシリーズは前モデルより大幅にスペックアップされたL820とL28の2機種。これら9機種は2月中の発売を予定している。

 ニコン FXフォーマット(フルサイズ)用交換レンズは、従来のEDレンズに加えて蛍石レンズを使用した超望遠レンズ「AF-S NIKKOR 800mm f/5.6E FL ED VR」(4月発売予定)と、軽量・コンパクトな広角ズーム「AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED」(3月発売予定)の2本。前者には専用テレコン「AF-S TELECONVERTER TC800-1.25E ED」も用意され、合成1000mm f/7.1レンズとしてD4等でAF撮影が可能。後者は手ぶれ補正を省略し、小型軽量化と低価格化が図られた。FX機としては小型・軽量なD600に装着して使用されることを意識している模様。

 詳しくはリンク先を参照のこと。

「COOLPIX S」シリーズ  ニュースリリース
 http://www.nikon.co.jp/news/2013/0129_s9500_01.htm
「COOLPIX P」シリーズ  ニュースリリース
 http://www.nikon.co.jp/news/2013/0129_p520_02.htm
「COOLPIX AW」シリーズ  ニュースリリース
 http://www.nikon.co.jp/news/2013/0129_aw110_03.htm
「COOLPIX L」シリーズ  ニュースリリース
 http://www.nikon.co.jp/news/2013/0129_l820_04.htm

「COOLPIX」製品情報
 http://www.nikon-image.com/products/camera/compact/

「AF-S NIKKOR 800mm f/5.6E FL ED VR」
 ニュースリリース
 http://www.nikon.co.jp/news/2013/0129_nikkor_05.htm
 製品情報
 http://www.nikon-image.com/products/lens/af/fx/singlefocal/af-s_800mmf56e_fl_ed_vr.htm

「AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED」
 ニュースリリース
 http://www.nikon.co.jp/news/2013/0129_nikkor_06.htm
 製品情報
 http://www.nikon-image.com/products/lens/af/fx/zoom/af-s_18-35mmf35-45g_ed.htm



ニコン、画像共有・ストレージサービスをリニューアル 2013年1月22日 
 当協会の賛助会員である株式会社ニコンは、同社が My Picturetown として提供してきた一般向け画像共有・ストレージサービスをリニューアルし、Nikon Image Space として2013年1月28日20:00(予定)から提供を開始すると発表した。新サイトでは一般会員2GB、ニコンカメラユーザーは20GBまでの画像を登録でき、一般公開・ダウンロード提供のほか、Facebook や Twitter などへも簡単な操作で投稿できる。My Picturetown 登録会員の会員情報・コンテンツは自動的に引き継がれる。なお、有償で提供してきた My Picturetown 3D サービスは終了する。詳しくはリンク先を参照のこと。

「NIKON IMAGE SPACE」開始に関するニュースリリース
 http://www.nikon.co.jp/news/2013/0122_imagespace_01.htm



ニコン、「Nikon 1 J3」他の新製品群を発表 2013年1月8日 
 当協会の賛助会員である株式会社ニコンは、同じく賛助会員である株式会社ニコンイメージングジャパンを通じてミラーレス機ボディ「Nikon 1 J3」「Nikon 1 S1」ならびにミラーレス機用交換レンズ「1 NIKKOR VR 10-100mm f/4-5.6」とウォータープルーフケース「WP-N2」を2013年2月に、ミラーレス機用交換レンズ「1 NIKKOR VR 6.7-13mm f/3.5-5.6」を3月に発売すると発表した。

 「Nikon 1 J3」はISO感度160-6400で14MP静止画・60iフルHD動画撮影が可能な世界最小サイズのミラーレス機。撮像面位相差AF73点+コントラストAF135点のAFポイントを備え、高速AFにより世界最短のシャッタータイムラグと秒間約15コマのAF追従連写を実現したほか、フルHD動画撮影中に4608×3072ピクセルの静止画を同時に撮影することができる。また、1.3秒間のうちに連続撮影した20コマからベストショットを自分で選ぶ「スロービュー」機能や、カメラが自動的にベストな1ショットもしくはベスト付近の5ショットを選んで保存する「スマートフォトセレクター」、高解像度の静止画とスローモーションの4秒間動画を同時に保存する「モーションスナップショット」機能などを搭載し、顔認識AF機能も強化した。オープン価格だが、ニコンダイレクトの直販価格は税込69,800円。

 「Nikon 1 S1」は同社初のエントリ向けミラーレス機。ISO感度100-6400で10MP静止画と60iフルHD動画撮影が可能。「J3」と同様の高速ハイブリッドAFを備え、秒間15コマのAF追従連写が可能で、直感的な操作系によりカメラの多才な機能を簡単に使いこなすことができる。オープン価格だが、ニコンダイレクトの直販価格は税込54,800円。

 「1 NIKKOR VR 10-100mm f/4-5.6」は昨年10月に開発発表されていた135サイズ27-270mm相当の画角を持つ10倍ズームレンズ。12群19枚構成のうち非球面レンズ3枚、EDレンズ2枚、さらに高屈折レンズも使用し、高画質を実現した。メーカー希望小売価格は税込89,250円、ニコンダイレクトの直販価格は税込75,862円。

 「1 NIKKOR VR 6.7-13mm f/3.5-5.6」は昨年10月に開発発表されていた135サイズ18-35mm相当の画角を持つ超広角ズームレンズ。7群11枚構成のうち非球面レンズ3枚、EDレンズ3枚を使用し、コンパクトな筐体ながら高画質で、手ぶれ補正機構も備えた。メーカー希望小売価格は税込74,550円、ニコンダイレクトの直販価格は税込63,367円。

 ウォータープルーフケース「WP-N2」は「1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6」を装着した「J3」/「S1」ボディに対応する防水ケース。水深40mの水圧に耐える。メーカー希望小売価格は税込77,700円、ニコンダイレクトの直販価格は税込69,930円。

 詳しくはリンク先を参照のこと。

「Nikon 1 J3」「Nikon 1 S1」「WP-N2」
 ニュースリリース
 http://www.nikon.co.jp/news/2013/0108_nikon1_01.htm
 「Nikon 1 J3」製品情報
 http://www.nikon-image.com/products/camera/acil/body/nikon1_j3/index.htm
 「Nikon 1 S1」製品情報
 http://www.nikon-image.com/products/camera/acil/body/nikon1_s1/
 「WP-N2」製品情報
 http://www.nikon-image.com/products/accessory/camera/acil/others/index.htm#wp-n2

「1 NIKKOR VR 10-100mm f/4-5.6」「1 NIKKOR VR 6.7-13mm f/3.5-5.6」
 ニュースリリース
 http://www.nikon.co.jp/news/2013/0108_1nikkor_02.htm
 「1 NIKKOR VR 10-100mm f/4-5.6」製品情報
 http://www.nikon-image.com/products/camera/acil/lens/1_nikkor_vr_10-100mmf4-56.htm
 「1 NIKKOR VR 6.7-13mm f/3.5-5.6」製品情報
 http://www.nikon-image.com/products/camera/acil/lens/1_nikkor_vr_6.7-13mmf35-56.htm



キヤノン、EOS用交換レンズ2本の発売を発表 2012年11月6日 
 当協会の賛助会員であるキヤノンは、EOSシリーズ用交換レンズ「EF24-70mm F4L IS USM」ならびに「EF35mm F2 IS USM」を2012年12月に発売すると発表した。

 「EF24-70mm F4L IS USM」はマクロ撮影も可能な小型軽量の高性能標準ズーム。F2.8レンズ比で容積比約27%減、重量比約25%減とコンパクト化を達成したほか、マクロ域まで有効な手ぶれ補正機構を実装した。メーカー希望小売価格は税別154,000円 (F2.8レンズ比約33%減)、キヤノンオンラインショップの直販価格は税込161,700円。

 「EF35mm F2 IS USM」は新たに手ぶれ補正機構を内蔵した35mm F2の単焦点レンズ。メーカー希望小売価格は税別83,000円 (手ぶれ補正なし従来レンズ比100%増)、キヤノンオンラインショップの直販価格は税込87,150円。

 詳しくはリンク先を参照のこと。

 ニュースリリース
 http://cweb.canon.jp/newsrelease/2012-11/pr-ef24-70-f4l.html
 「EF24-70mm F4L IS USM」製品紹介
 http://cweb.canon.jp/ef/lineup/standard-zoom/ef24-70-f4l/index.html
 「EF35mm F2 IS USM」製品紹介
 http://cweb.canon.jp/ef/lineup/wide/ef35-f2-is/index.html



ニコン、「D5200」他の新製品を発表 2012年11月6日 
 当協会の賛助会員である株式会社ニコンは、同じく賛助会員である株式会社ニコンイメージングジャパンを通じてデジタル一眼レフカメラ「D5200」・ワイヤレスリモートコントローラー「WR-R10」「WR-T10」を2012年12月に発売すると発表した。

 「D5200」は24MP静止画・60iフルHD動画撮影が可能なエントリー向け一眼レフ機で、常用ISO感度は100-6400 (25600相当まで増感可能)。上位機と同等の EXPEED 3 画像処理エンジンとマルチCAM4800DX AFモジュールによる39点AFを搭載。前モデルの「D5100」と同様にバリアングル背面液晶モニターを備え、様々なアングルでの撮影に対応する。スマートデバイスと連携してリモート撮影・画像転送を行う「WU-1a」や、GPSユニット「GP-1」等の装着も可能。オープン価格だが、ニコンダイレクトの直販価格は税込89,800円。

 「WR-R10」「WR-T10」はアクセサリーターミナルもしくは10ピンターミナル (変換アダプタWR-A10が必要) を備えたニコン製カメラに使用可能な電波式リモコン。2.4GHz帯の電波を使用し、赤外線式リモコンよりも低指向性で到達距離が長く、送受信機間に木などの遮蔽物があってもコマンドが届きやすい。受信側を複数のカメラに装着してペアリング設定を行えば最大64台までの一括コントロールが可能。メーカー希望小売価格は受信機の「WR-R10」が税込7,350円、送信機の「WR-T10」が税込5,250円、10ピン変換アダプタの「WR-A10」が税込4,200円。ニコンダイレクトの直販価格は「WR-R10」が税込6,615円、「WR-T10」が税込4,725円、「WR-A10」が税込3,780円。

 詳しくはリンク先を参照のこと。

「D5200」「WR-R10」「WR-T10」
 ニュースリリース
 http://www.nikon.co.jp/news/2012/1106_d5200_01.htm
 「D5200」製品情報
 http://www.nikon-image.com/products/camera/slr/digital/d5200/index.htm
 「WR-R10」「WR-T10」「WR-A10」製品情報
 http://www.nikon-image.com/products/accessory/camera/slr/remote_code/index.htm#wr-r10



ニコン、「ニコンフォトコンテスト 2012-2013」の応募要項を発表 2012年10月25日 
 当協会の賛助会員である株式会社ニコンは、同社が主催する「ニコンフォトコンテスト 2012-2013」の応募要項を本日発表した。プロアマ問わず応募できる同コンテストは1969年以来開催されており、今回が34回目となる。今年から静止画の単写真・組写真部門に加え、動画部門ならびにニコンのミラーレス機「Nikon 1」に搭載されている機能であるモーションスナップショット部門が新設された。また、静止画についてはデジタルカメラで撮影された作品に限られ、フィルムで撮影した画像をスキャナで取り込んだ作品は不可となった。

 応募期間は12月1日から2013年2月28日まで。静止画部門は1500×2100px以上の画素数を持ち、1点あたりのファイルサイズが20MB以内のJPEG画像作品。静止画も動画等も、同コンテストのWebサイトからアップロードして応募する。詳しくはリンク先を参照のこと。

「ニコンフォトコンテスト 2012-2013」
 ニュースリリース
 http://www.nikon.co.jp/news/2012/1025_npc_01.htm
 ニコンフォトコンテストのサイト
 http://www.nikon-photocontest.com/

※本件に関する問い合わせ先は support@entry.nikon-photocontest.com
 本日現在、ニコンフォトコンテストのサイトに静止画の必要画素数と問い合わせ先については掲載されていない。



ニコン、「Nikon 1 V2」他の新製品群を発表 2012年10月24日 
 当協会の賛助会員である株式会社ニコンは、同じく賛助会員である株式会社ニコンイメージングジャパンを通じたミラーレス機「Nikon 1 V2」・ミラーレス機用スピードライト「SB-N7」・Fマウントフルサイズ用交換レンズ「AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR」の発売と、ミラーレス機用交換レンズ3本の開発について発表した。

 「Nikon 1 V2」は14MP静止画・フルHD動画撮影が可能なミラーレス機。従来機「V1」同様背面液晶に加えてカラー液晶ビューファインダーを装備するほか、自動連続撮影した中から任意の1カットを選ぶ「スマートフォトセレクター」機能を進化させた「スロービュー」機能を搭載した。11月発売予定。オープン価格だが、ニコンダイレクトの直販価格は税込89,800円。

 「SB-S7」はISO 100時GN18の「Nikon 1 V1/V2」専用スピードライト(ストロボ)。ミラーレス機に合わせたコンパクトなデザインで、単4乾電池2本で動作する。2013年1月下旬発売予定。メーカー希望小売価格は税込17,850円、ニコンダイレクトの直販価格は税込14,280円。

 「AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR」はフルサイズ対応のFマウント交換レンズ。開放F値4固定でマニュアル撮影に便利なほか、重量850gとf/2.8Gレンズ比45%減となる大幅な軽量化を達成し、5段分の手ぶれ軽減効果を発揮する強力なVR機構を初めて搭載した。別売の三脚座を装着可能。11月下旬発売予定。メーカー希望小売価格は税込199,500円、ニコンダイレクトの直販価格は税込169,575円。本製品の登場により、ニコンではフルサイズ対応16-400mmの焦点域で開放F値が4固定となるズームレンズ群をラインナップしたことになる。
製品 質量 最大径 長さ フィル
ター径
ナノ
クリ
VR効果 価格 発売日
AF-S 70-200mm f/2.8G
ED VR II
1,540g 約87mm 205.5mm 77mm 約4段 315,000円 2009年11月
AF-S 70-200mm f/4G
ED VR
約850g 約78mm 178.5mm 67mm 約5段 199,500円 2012年11月
差異 -45% -11% -13% -13%
+1段 -37%
長さはマウント基準面からレンズ先端まで。f/2.8Gは三脚座付き、f/4Gは別売。

 また、同社ではミラーレス機用1マウント交換レンズ「32mm f/1.2」(フルサイズ換算86.4mm f/1.2相当)、「6.7-13mm f/3.5-5.6」(フルサイズ換算18-35mm f/3.5-5.6相当)、「10-100mm f/4-5.6」(フルサイズ換算27-270mm f/4-5.6相当)を開発した。発売時期等は未定。

 詳しくはリンク先を参照のこと。

「Nikon 1 V2」
 ニュースリリース
 http://www.nikon.co.jp/news/2012/1024_nikon1-v2_01.htm
 製品情報
 http://www.nikon-image.com/products/camera/acil/body/nikon1_v2/index.htm
「SB-N7」
 ニュースリリース
 http://www.nikon.co.jp/news/2012/1024_nikon1-v2_01.htm
 製品情報
 http://www.nikon-image.com/products/camera/acil/speedlight/sb-n7.htm
「AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR」
 ニュースリリース
 http://www.nikon.co.jp/news/2012/1024_nikkor_02.htm
 製品情報
 http://www.nikon-image.com/products/lens/af/fx/zoom/af-s_70-200mmf4g_ed_vr.htm
「1 NIKKOR」3製品を開発
 http://www.nikon.co.jp/news/2012/1024_1nikkor_03.htm



齋藤利江会員が10月30日に銀座で開催されるトークショウに出演 2012年10月23日 
(画像をクリックしてPDFを閲覧)


イベントチラシPDFより
 No.637 齋藤利江会員が10月30日に銀座で開かれるトークショウに出演し、「被写体としての〈銀座〉」と題するトークを行います。

 これは銀座街づくり会議+アートエクステンション・スクールが主催する「銀座デザインフォーラム」の一環として開催されるもので、2012年10月30日(火) 15時から17時まで、銀座3丁目の紙パルプ会館2Fにある銀座フェニックスプラザで行われます。定員150名で、参加には事前の申し込みが必要ですが、JPA会員は当日受付で「齋藤利江会員から聞いている」と言えば入場できるとのことです。

 齋藤利江会員から「お時間がありましたらぜひ足をお運びください。」とのメッセージが寄せられています。詳しくは主催者のWebサイトチラシPDFをご覧ください。




丹羽諭会員が写真を担当した書籍を毎日新聞が紹介 2012年10月3日 
(画像をクリックして拡大)  


毎日新聞紙面より
 No.388 丹羽諭会員が写真撮影を担当した書籍「いつも元気、いまも現役」(株式会社 厚生科学研究所発行, 本体3,200円+税)が2012年10月3日付の毎日新聞「ブックウォッチング」コーナーで紹介されました。

 この本は公益財団法人 長寿科学振興財団が発行する「エイジング アンド ヘルス」誌に連載された同名の記事をまとめたもので、80歳を過ぎて現役で活躍を続ける各界の38人に対するインタビューが収録されています。テキストの執筆は同誌編集部で、写真撮影を丹羽諭会員が担当しています。同誌の発行は年4回のため、連載開始から同書の刊行に至るまで10年間かかったとのことです。

 同書は紀伊國屋書店をはじめ大型書店で店頭扱いがあるほか、紀伊國屋書店BookWeb, Amazon, 楽天ブックス等、主なネット通販で扱われています。



日本風景写真家協会が「WEB写真展」を開設 2012年10月2日 
 風景写真のプロ作家で構成される日本風景写真家協会(JSPA)では、2012年9月25日から「WEB写真展」を開設した。JPAのWeb写真展同様、サムネイル一覧ページで画像をクリックすると拡大表示され、拡大表示したまま前後のカットに移動できる。第一弾として、JSPA会員でもあるJPAのNo.353 斎藤友覧会員の作品「光彩水景」が掲載されている。展示は常設でなく入れ替え制となる模様。詳しくはリンク先を参照のこと。

日本風景写真家協会(JSPA)
 http://www.fuukei-shashinka.com/
日本風景写真家協会 WEB写真展
 http://www.fuukei-shashinka.com/cn81/99tml.html



山下茂樹会員の作品を郵便局がフォトカード年賀状に採用 2012年9月18日 
(画像をクリックして拡大)  


カタログより
 No.920 山下茂樹会員の富士山作品5点が郵便局の2013年用「フォトカード年賀状」に採用されました。これは郵便局の年賀状印刷サービスのうち、年賀ハガキの通信面に既製絵柄と指定文字で構成した銀塩プリント印画紙を貼り付けて製作する商品で、2013年用はNo.351〜355の5点。いずれも山下茂樹会員が撮影した富士山の写真となっています。カタログを見て全国の郵便局で注文できるほか、郵便局のネットショップからも発注できます。詳しくはリンク先をご覧ください。

「フォトカード年賀状」
 http://print.shop.jp-network.japanpost.jp/index.php?category=9016&action_nenga_printing_standard_postcardList=true



富士フイルム、映画撮影・上映用フィルムの製造販売から完全撤退 2012年9月13日 
 富士フイルムイメージングシステムズ株式会社を通じて当協会の賛助会員である富士フイルム株式会社は、映画撮影・上映用フィルムの製造販売から完全撤退すると発表した。映画撮影についてもここ2、3年のうちにデジタル化が急速に進行し、フィルム事業の採算が取れなくなった。今後はカラー動画を色分解のうえモノクロ銀塩画像として長期保存(約500年)するアーカイブ用フィルムの製造は行うが、撮影・上映用フィルムは2013年3月頃までに販売を終了する。詳しくはリンク先を参照のこと。

「当社の映画事業の取り組みについて」(ニュースリリース)
 http://fujifilm.jp/information/articlead_0174.html



ニコン、「ニコン D600」他の新製品群を発表 2012年9月13日 
 当協会の賛助会員である株式会社ニコンは、同じく賛助会員である株式会社ニコンイメージングジャパンを通じて一眼レフカメラ「ニコン D600」、ミラーレス機用交換レンズ「1 NIKKOR 18.5mm f/1.8」、一眼レフ用通信ユニット「UT-1」を発売すると発表した。

 「ニコン D600」は24MP静止画・フルHD動画撮影が可能な135フルサイズイメージャ搭載カメラ。本体のみ760gと同社フルサイズ機の中では最軽量・最小で、従来プロ・ハイアマ用と位置づけられていたフルサイズ機を幅広い層に向けて訴求する。ワイヤレスモバイルアダプタ「WU-1b」を装着すればWi-Fi経由でスマートホンとのデータ交換やリモート撮影が可能。9月27日発売予定。オープン価格だが、ニコンダイレクトの直販価格は税込218,000円。2008年12月の「ニコン D3X」発売から4年近くを経て、フルサイズ24MP機の価格が四分の一未満になった。

 「1 NIKKOR 18.5mm f/1.8」はミラーレス機「Nikon 1」シリーズ用の交換レンズ。135サイズ換算で50mmに相当するコンパクトな単焦点レンズ。手ぶれ防止機構は省略されているが、F1.8の明るさを生かして低照度下でも比較的高速シャッターが切れる。メーカー希望小売価格は税込31,500円、ニコンダイレクトの直販価格は税込26,775円。

 「UT-1」はD4, D800/D800E, D7000に対応する有線LAN通信ユニット。既存のワイヤレストランスミッター「WT5」と組み合わせれば無線LANによる通信も可能。撮影直後の画像データをパソコンやFTPサーバに送信したり、パソコン側からのリモート撮影を行うことが可能になる。メーカー希望小売価格は税込33,075円、ニコンダイレクトの直販価格は税込29,767円。

 9月22日・23日にはベルサール秋葉原で新製品体験会が開催される。詳しくはリンク先を参照のこと。

「ニコン D600」
 ニュースリリース
 http://www.nikon.co.jp/news/2012/0913_d600_01.htm
 製品情報
 http://www.nikon-image.com/products/camera/slr/digital/d600/
「1 NIKKOR 18.5mm f/1.8」
 ニュースリリース
 http://www.nikon.co.jp/news/2012/0913_1nikkor_02.htm
 製品情報
 http://www.nikon-image.com/products/camera/acil/lens/1_nikkor_18.5mmf18.htm
「UT-1」
 ニュースリリース
 http://www.nikon.co.jp/news/2012/0913_ut-1_03.htm
 製品情報
 http://www.nikon-image.com/products/accessory/camera/slr/others/index.htm#ut-1
「Nikon Digital Live 体感、D600」
 http://www.nikon-image.com/event/ndl2012_tokyo/index.htm



ソニー、α99 他の新製品群を発表 2012年9月13日 
 ソニー株式会社は、αシリーズの最上位機種 α99「SLT-A99V」、コンパクト機 サイバーショット「DSC-RX1」、レンズ交換式HDビデオカメラ ハンディカム「NEX-VG900」など、135フルサイズイメージャを搭載した新製品群を発表した。

 α99「SLT-A99V」は24MP静止画・フルHD60p動画撮影が可能な135フルサイズイメージャ搭載カメラ。ビューファインダは光学式でなく、約235.9万ドットの有機EL EVF。従来型の位相差AFセンサーとイメージャ上に埋め込まれた多点像面位相差AFセンサーの同時駆動により、AFの追尾性能が向上した。オープン価格で10月26日発売。実売予想価格は30万円前後。

 サイバーショット「DSC-RX1」は24MP静止画・フルHD60p動画撮影が可能な最上位コンパクト機。135フルサイズイメージャと「ゾナーT* 35mmF2」レンズ搭載により、高画質を実現した。オープン価格で11月16日発売。実売予想価格は25万円前後。

 ハンディカム「NEX-VG900」は135フルHDイメージャを搭載したレンズ交換式HDビデオカメラ。フルHD60pの動画撮影と24MP静止画撮影が可能。マウントアダプタ経由でαシリーズ用交換レンズを装着して使用する。オープン価格で10月26日発売。実売予想価格は35万円前後。

 また、αシリーズ用交換レンズ「300mmF2.8G SSM II『SAL300F28G2』」等も同時に発表された。詳しくはリンク先を参照のこと。

α99「SLT-A99V」
 ニュースリリース
 http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201209/12-0912B/
 製品情報
 http://www.sony.jp/ichigan/products/SLT-A99V/
サイバーショット「DSC-RX1」
 ニュースリリース
 http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201209/12-0912C/
ハンディカム「NEX-VG900」
 ニュースリリース
 http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201209/12-0912D/
 製品情報
 http://www.sony.jp/handycam/products/NEX-VG900/



ペンタックス、K-5 II 他の新製品群を発表 2012年9月11日 
 当協会の賛助会員であるペンタックスリコーイメージング株式会社は、カメラ「PENTAX K-5 II」「PENTAX Q10」、交換レンズ「PENTAX-06 TELEPHOTO ZOOM」「HD PENTAX-D FA645 MACRO 90mmF2.8ED AW SR」「HD PENTAX-DA 560mmF5.6ED AW」「smc PENTAX-DA 18-270mmF3.5-6.3ED SDM」、アクセサリー「Kマウントレンズ用アダプターQ」の発売と、新しいマルチコーティング技術「HDコーティング」の開発を発表した。

 「PENTAX K-5 II」は「PENTAX K-5」の後継機種で、16MP静止画・1080pフルHD動画撮影が可能なAPS-Cサイズイメージャ搭載機。新AFモジュール搭載によりAF性能が向上した。また解像感向上のためにローパスフィルターをなくした「K-5 IIs」も10月中旬、同時に発売する。オープン価格だが、Pentax Online Shopの直販価格は「K-5 II」が税込109,800円、「K-5 IIs」が124,800円。

 「PENTAX Q10」は1/2.3型イメージャ搭載の12MP静止画・1080pフルHD動画撮影が可能なミラーレス機。新型イメージャの搭載で従来機「PENTAX Q」より画質とAF性能が向上した。100種類から選べる「オーダーカラー受注サービス」も行う。オープン価格で、10月中旬発売。Pentax Online Shopの直販価格は税込34,800円。

 「PENTAX-06 TELEPHOTO ZOOM」はQマウントミラーレス機用で、15-45mm(135サイズ換算83-249mm相当)の焦点距離を持つ望遠系ズームレンズ。全域で開放F値2.8と明るく、沈胴式でコンパクトに収納できる。オープン価格で、11月上旬発売。本日現在Pentax Online Shopには掲載されていない。

 「HD PENTAX-D FA645 MACRO 90mmF2.8ED AW SR」は645シリーズ用の中望遠レンズ。135サイズ換算で71mmに相当し、新開発のコーティングとペンタックス初のレンズ内手ぶれ補正機構を導入した。オープン価格だが、Pentax Online Shopの直販価格は税込398,000円。

 「HD PENTAX-DA 560mmF5.6ED AW」はKマウント用の超望遠レンズ。新開発のコーティングとレンズ枚数の少ない天体望遠鏡タイプの光学系を採用し、抜けの良い遠景描写を実現した。オープン価格だが、Pentax Online Shopの直販価格は税込598,000円。

 「smc PENTAX-DA 18-270mmF3.5-6.3ED SDM」はKマウント用の15倍ズームレンズ。135サイズ換算27.5-414mm相当の焦点域で、超音波モーターを搭載して円滑なAF動作を実現した。オープン価格だが、Pentax Online Shopの直販価格は税込69,800円。

 「Kマウントレンズ用アダプターQ」はKマウントレンズをQマウントのミラーレス機に装着するアダプター。Qシリーズではレンズ実焦点距離の5.5倍に相当する画角となり、超望遠撮影が行える。オープン価格で、10月中旬発売。本日現在Pentax Online Shopには掲載されていない。

 「HDコーティング」は、より上位の「Aero Bright Coating」に匹敵する光学特性を実現したマルチコーティング技術。可視光全域で大幅かつフラットに光線透過率が向上し、コーティング膜の硬度が高く、耐久性に優れていることが特徴。「アサヒペンタックス SP」時代から永年親しまれた Super Multi Coating に由来する従来の「smc PENTAX」レンズに代えて、今後は High Definition に由来する「HD PENTAX」レンズシリーズとして展開する。

 詳しくはリンク先を参照のこと。

「PENTAX K-5 II」
 ニュースリリース
 http://www.pentax.jp/japan/news/2012/20120911.html
 製品情報
 http://www.pentax.jp/japan/products/k-5-2/
「PENTAX Q10」
 ニュースリリース
 http://www.pentax.jp/japan/news/2012/20120911_2.html
 製品情報
 http://www.pentax.jp/japan/products/q10/
「オーダーカラー受注サービス」(ニュースリリース)
 http://www.pentax.jp/japan/news/2012/20120911_3.html
「PENTAX-06 TELEPHOTO ZOOM」(ニュースリリース)
 http://www.pentax.jp/japan/news/2012/20120911_4.html
「HD PENTAX-D FA645 MACRO 90mmF2.8ED AW SR」
 ニュースリリース
 http://www.pentax.jp/japan/news/2012/20120911_6.html
 製品情報
 http://www.pentax.jp/japan/products/lens/index645_long.html
「HD PENTAX-DA 560mmF5.6ED AW」
 ニュースリリース
 http://www.pentax.jp/japan/news/2012/20120911_7.html
 製品情報
 http://www.pentax.jp/japan/products/lens/index35_morelong.html
「smc PENTAX-DA 18-270mmF3.5-6.3ED SDM」
 ニュースリリース
 http://www.pentax.jp/japan/news/2012/20120911_9.html
 製品情報
 http://www.pentax.jp/japan/products/lens/index35_morezoom.html
「Kマウントレンズ用アダプターQ」(ニュースリリース)
 http://www.pentax.jp/japan/news/2012/20120911_5.html
「HDコーティング」を開発(ニュースリリース)
 http://www.pentax.jp/japan/news/2012/20120911_8.html



ニコン、Capture NX 2 と ViewNX 2 をアップデート 2012年9月10日 
 当協会の賛助会員である株式会社ニコンは、今日までにニコン製デジタルカメラ用RAW画像現像ソフト Capture NX 2 (有料) と、画像ビューア兼簡易RAW現像・簡易動画編集用フリーソフト ViewNX 2 をそれぞれアップデートし、株式会社ニコンイメージングジャパンのサイト内に掲載した。

 それぞれ新機種対応とバグフィックスが行われている。なお、ViewNX 2 の使用条件にカメラメーカー限定条項はなく、同ソフトで読める画像形式 (JPEG, TIFF) ならどんな画像でも利用でき、他社機ユーザーも無料で倍率色収差自動補正や軸上色収差低減機能などの恩恵に浴することができる。

 詳しくは以下のリンク先を参照のこと。

 製品情報
 Capture NX 2
 http://www.nikon-image.com/products/software/capturenx2/index.htm
 ViewNX 2
 http://www.nikon-image.com/products/software/sp/viewnx2/

 ダウンロードページ

 Capture NX 2
 http://www.nikon-image.com/support/downloads/digitalcamera/software/nx2.htm
 ViewNX 2
 http://www.nikon-image.com/support/downloads/digitalcamera/software/viewnx2.htm



EISA AWARDS 2012-2013 が出揃う 2012年8月30日 
 ヨーロッパ20ヶ国の50の映像・音響専門雑誌で構成する EISA (Europian Imaging and Sound Association = ヨーロッパ映像・音響協会) が毎夏発表している EISA AWARDS の2012-2013年分が出揃い、フォト部門では、毎年のことながら各カメラ・レンズメーカーが総花的に受賞したことが発表された。詳しくはリンク先を参照のこと。

 EISA AWARDS 2012-2013
 http://www.eisa.eu/awards/print.html



齋藤利江会員がニュージーランドで写真展を開催、桐生タイムスでも紹介 2012年8月28日 
(各画像をクリックして拡大)  
 No.637 齋藤利江会員の写真展「60枚の笑顔」が、本年9月にウェリントン市内2個所で開催されることになりました。これは日本・ニュージーランド国交樹立60周年を記念して在ニュージーランド日本国大使館やウェリントン市などの主催により開かれるもので、昭和30年代の桐生市の子供たちなどを撮影した写真60点が展示される予定です。また、このことが地元紙「桐生タイムス」の2012年8月25日付紙面で紹介されました。詳しくは拡大画像をご覧ください。



ニコン、コンパクトカメラ4機種を発売 2012年8月22日 
 当協会の賛助会員である株式会社ニコンイメージングジャパンは、同じく賛助会員である株式会社ニコンが開発・製造するコンパクトカメラ「COOLPIX S800c」「COOLPIX S01」「COOLPIX S6400」「COOLPIX P7700」を、いずれも2012年9月下旬に発売すると発表した。

 「COOLPIX S」型番のモデルはスタイリッシュ製品群に属し、洗練されたデザインや先進機能が特徴。「S800c」は光学10倍ズーム・GPS・Wi-Fi・Android 2.3搭載の16MP静止画/フルHD(1080p)動画モデルで、スマートホンと同等の操作感を持ち、撮影したGPSタグ付きの静止画や動画をカメラから直接様々なサイトにアップロードできる。「S01」はCOOLPIX史上最小・最軽量の光学3倍ズーム・タッチパネル付き10MP静止画/720p動画モデル。「S6400」は光学12倍ズーム・裏面照射型CMOS撮像素子を備えた16MP静止画/ステレオ音声フルHD(1080p)動画モデル。暗所撮影時に感度やシャッタースピードを変えながら連写し、低ノイズ画像に合成して出力する自動連写合成機能を搭載した。

 「COOLPIX P」型番のモデルはパフォーマンス製品群に属し、高性能が特徴。「P7700」は開放F値2〜4の光学7.1倍ズームレンズを搭載した12MP静止画/ステレオ音声フルHD(1080p)動画撮影が可能なフラッグシップモデル。最高ISO感度6400で、一眼レフカメラ同様のマニュアル操作モードや強力なVR機能・内蔵NDフィルター・水準器等を備えるほか、WBブラケティング撮影やアドバンストワイヤレスライティングにも対応している。

 上記4機種ともオープン価格だが、ニコンダイレクトの直販価格は「S800c」が税込47,800円、「S01」が税込19,800円、「S6400」が29,800円、「P7700」が税込59,800円。

 詳しくは以下のリンク先を参照のこと。

 ニュースリリース

 「COOLPIX S800c」「COOLPIX S01」「COOLPIX S6400」を発売
 http://www.nikon.co.jp/news/2012/0822_coolpix-s_01.htm
 「COOLPIX P7700」を発売
 http://www.nikon.co.jp/news/2012/0822_coolpix-p_02.htm

 製品情報
 COOLPIX S800c
 http://www.nikon-image.com/products/camera/compact/coolpix/style/s800c/
 COOLPIX S01
 http://www.nikon-image.com/products/camera/compact/coolpix/style/s01/

 COOLPIX S6400
 http://www.nikon-image.com/products/camera/compact/coolpix/style/s6400/

 COOLPIX P7700
 http://www.nikon-image.com/products/camera/compact/coolpix/performance/p7700/



ニコン、ミラーレス機「Nikon 1 J2」他を発売 2012年8月9日 
 当協会の賛助会員である株式会社ニコンイメージングジャパンは、同じく賛助会員である株式会社ニコンが開発・製造するミラーレス機「Nikon 1 J2」とミラーレス機用交換レンズ「1 NIKKOR 11-27.5mm f/3.5-5.6」を2012年9月に、コンパクト機「COOLPIX L610」を8月30日に、それぞれ発売すると発表した。

 「Nikon 1 J2」は「Nikon 1 J1」の後継モデルで、基本性能はJ1と同等ながら、外観デザインや液晶モニターを改良したほか、撮影モードに「クリエイティブモード」を新設した。オープン価格だが、ニコンダイレクトの直販価格は税込64,800円。

 「1 NIKKOR 11-27.5mm f/3.5-5.6」は1マウント・CXフォーマット対応の小型軽量ズームレンズ。従来品「1 NIKKOR 10-30mm f/3.5-5.6」とほぼ同等の焦点距離ながら、手ぶれ補正機能の省略とレンズ構成の簡単化により厚さと重さをそれぞれ3割近く減らして携帯性が向上したほか、周辺画質も改善された。メーカー希望小売価格は税込25,200円、ニコンダイレクトの直販価格は税込21,420円。(10-30mmと同じ)

 「COOLPIX L610」はエントリー製品群に属するコンパクト機。光学14倍ズーム、裏面照射型CMOSセンサー、レンズシフト式手ぶれ補正機能などを備え、最高感度ISO 3200で16MPの静止画とフルHD動画の撮影が可能。オープン価格だが、ニコンダイレクトの直販価格は税込24,800円。

 詳しくは以下のリンク先を参照のこと。

 ニュースリリース

 「Nikon 1 J2」「1 NIKKOR 11-27.5mm f/3.5-5.6」を発売
 http://www.nikon.co.jp/news/2012/0809_nikon1-j2_01.htm
 「COOLPIX L610」を発売
 http://www.nikon.co.jp/news/2012/0809_coolpix-l610_02.htm

 製品情報
 Nikon 1 J2
 http://www.nikon-image.com/products/camera/acil/body/nikon1_j2/index.htm
 1 NIKKOR 11-27.5mm f/3.5-5.6
 http://www.nikon-image.com/products/camera/acil/lens/1_nikkor_11-27.5mmf35-56.htm
 COOLPIX L610
 http://www.nikon-image.com/products/camera/compact/coolpix/life/l610/index.htm



鬼界順会員の写真展を東広島のニュースサイトが紹介 2012年7月25日 
 No.980 鬼界順会員の写真展「Trinacria II 〜竹原編〜」が東広島・竹原の地域ニュースサイト「ザ・ウィークリー・プレスネット」に掲載・紹介されています。

 当該記事では、鬼界さんの活躍ぶりや展示の様子について、会場オーナーの談話を交えながら紹介しています。詳しくはリンク先へ。

 http://www.pressnet.co.jp/2012_07/120721_14.shtml



キヤノン、ミラーレス機「EOS M」の発売を発表 2012年7月23日 
 当協会の賛助会員であるキヤノンは、ミラーレス機*1EOS M」を2012年9月中旬に発売すると発表した。同機はキヤノン初のミラーレス機で、新規格EF-Mマウントの交換レンズ群に加え、マウントアダプタを介してEFレンズ群の使用も可能。位相差AFとコントラストAFを組み合わせたハイブリッド方式による高速AF、デジタル一眼レフカメラと同等のAPS-Cサイズ大型センサーやDIGIC 5搭載による綺麗なボケ味・常用感度ISO12800と高画質などが特徴。オープン価格だが、キヤノンオンラインショップの直販価格はボディのみ税込69,800円、18-55 IS STMレンズキットで税込84,800円など。詳しくはリンク先を参照のこと。

 http://cweb.canon.jp/newsrelease/2012-07/pr-eos-m.html

*1: CIPA カメラ映像機器工業会では「ノンレフレックス」ジャンルに含めています。



ニコン、一眼レフカメラ用交換レンズ2種を発売 2012年6月14日 
 当協会の賛助会員である株式会社ニコンイメージングジャパンは、同じく賛助会員である株式会社ニコンが開発・製造する一眼レフカメラ用交換レンズ「AF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-5.6G ED VR」ならびに「AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR」を6月28日から発売すると発表した。

 「AF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-5.6G ED VR」はDXフォーマット用で、デジタル一眼レフカメラ用レンズとしては本日現在世界最高となる16.7倍のズーム比 (135フォーマット換算27-450mm相当) を持つ高倍率ズームレンズ。約4段分の手ぶれ軽減効果を発揮するVRIIを搭載し、最大撮影倍率は1/3.2倍。メーカー希望小売価格は税込136,500円、ニコンダイレクトの直販価格は税込116,000円。

 「AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR」はFXフォーマット対応の小型軽量ズームレンズ。フィルム機 (F100) の頃からお手軽ショートズームとして親しまれてきた24-85の最新機種で、VRIIを搭載する。メーカー希望小売価格は税込76,650円、ニコンダイレクトの直販価格は税込65,100円。

 詳しくは以下のリンク先を参照のこと。

 ニュースリリース

 「AF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-5.6G ED VR」を発売
 http://www.nikon.co.jp/news/2012/0614_nikkor_03.htm
 「AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR」を発売
 http://www.nikon.co.jp/news/2012/0614_nikkor_02.htm

 製品情報
 AF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-5.6G ED VR
 http://www.nikon-image.com/products/lens/af/dx/zoom/af-s_dx_18-300mmf35-56g_ed_vr.htm
 AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR
 http://www.nikon-image.com/products/lens/af/fx/zoom/af-s_24-85mmf35-45g_ed_vr.htm



KJイメージング、銀座スポットを8月末日で閉店 2012年6月8日 
 当協会の賛助会員である日本ジャンボー株式会社 ケイジェイ・イメージング事業部は、同社のスポット営業部として運営してきた直営店「スポットプロサービス店」(東京都中央区銀座1-3先 インズ3隣)の業務を東日本営業部に統合し、2012年8月31日(金)をもって店頭業務を終了し、閉店すると発表した。
 なお、併設のコダックフォトギャラリーの存廃については現時点で未定とのこと。

 閉店後の問い合わせ先は同社 KJイメージング東日本営業部(144-0043 東京都大田区羽田1-7-13, 電話 03-5735-2755, FAX 03-5735-2756)。



ニコン、D4・D800/D800E等のファームウェアアップデータを公開 2012年5月29日 
 当協会の賛助会員である株式会社ニコンは、同社が開発・製造し、同じく賛助会員である株式会社ニコンイメージングジャパンが販売するデジタルカメラ「ニコン D4」、「ニコン D800/D800E」のファームウェアアップデータを本日公開した。また「ニコン D700」のファームウェアアップデータも5月22日に公開している。

 新ファームウェアによって、「ニコン D4」では画像再生しながら静止画撮影をするとハングアップする現象等の不具合3点が、「ニコン D800/D800E」では同じく不具合3点が、「ニコン D700」については、稀に撮影画像が極端な露出アンダーになる現象が、それぞれ修正される。詳しくはリンク先を参照のこと。

 デジタル一眼レフカメラファームウェア
 http://www.nikon-image.com/support/downloads/digitalcamera/firmware/index.htm



カメラ記者クラブ、「カメラグランプリ2012」を発表 2012年5月15日 
 日本国内のカメラ・写真雑誌の担当記者の団体である カメラ記者クラブ は、2012年の「カメラグランプリ」を発表した。大賞にはニコンNikon D800、レンズ賞にはキヤノンの「EF8-15mm F4L フィッシュアイUSM」、あなたが選ぶベストカメラ賞にはニコンNikon D800、カメラ記者クラブ賞にはソニーの「NEX-7」とオリンパスの「M.ZUIKO DIGITAL 45mmF1.8」が、それぞれ選ばれた。詳細はリンク先を参照のこと。

 http://www.cjpc.jp/gra/2012/release2012.pdf


ニコン、デジカメ用バッテリーEN-EL15に不具合、回収交換を実施 2012年4月24日 
 当協会の賛助会員である株式会社ニコンは、同社が開発・製造し、同じく賛助会員である株式会社ニコンイメージングジャパンが販売するデジタルカメラ用バッテリー「EN-EL15」の一部ロットに不具合があるとして、当該製品の回収・交換を行うと発表した。

 「EN-EL15」はデジタル一眼レフカメラ「ニコン D800/D800E」・「ニコン D7000」、ノンレフレックスレンズ交換式カメラ「Nikon 1 V1」に使われるリチウムイオンバッテリーで、一部ロットについて内部部品の不具合により、まれに発熱・変形する恐れがあるとのこと。対象製品は、製品裏面に印字されている製造番号の頭から9桁目が「E」と「F」のもの。それ以外の製品は問題ない。当該製品を持っている場合は、ニコン受付センター 0120-007-012 (毎日9:00-18:00) へ至急連絡されたい。詳しくはリンク先を参照のこと。

・株式会社ニコンのニュースリリース

 ニコン レンズ交換式デジタルカメラ用Li-ionリチャージャブルバッテリー EN-EL15の回収交換実施について
 http://www.nikon.co.jp/news/2012/0424_01.htm

・株式会社ニコンイメージングジャパンによるサポート情報

 ニコン レンズ交換式デジタルカメラ用 Li-ion リチャージャブルバッテリー EN-EL15ご愛用のお客様へのお詫びとお知らせ
 http://www.nikon-image.com/support/whatsnew/2012/0424.htm



ニコン、デジタル一眼レフカメラ「ニコン D3200」他を発売 2012年4月19日 
 当協会の賛助会員である株式会社ニコンイメージングジャパンは、同じく賛助会員である株式会社ニコンが開発・製造するデジタル一眼レフカメラ「ニコン D3200」、ワイヤレスモバイルアダプター「WU-1a」、交換レンズ「AF-S NIKKOR 28mm f/1.8G」を発売すると発表した。

 「ニコン D3200」はデジタル一眼レフカメラのエントリーモデルで、ニコンDXフォーマット(23.2x15.4mm)の撮像素子を備え、常用ISO感度100-6400で24.2Mピクセル(6016×4000)もの高画素撮影が可能。1920×1080のフルHD/30fpsの動画撮影機能も備える。オープンプライス(直販価格は税込84,800円)で、2012年5月下旬の発売開始を予定している。「ニコン D3X」の発売から3年半を経て、実売価格ベースで1/10未満のエントリーモデルが同機に匹敵する画素数を備えることとなった。

 「WU-1a」は Android OS で動くスマートホンやタブレット端末(iOSには今秋対応予定)と連携し、画像の転送やスマートホンからのリモート撮影を実現するアダプタ。現在のところ、対応カメラは「ニコン D3200」のみ。希望小売価格は税込5,250円で、2012年5月下旬に発売開始予定。

 「AF-S NIKKOR 28mm f/1.8G」はナノクリスタルコートや非球面レンズを採用したFXフォーマット対応の高性能広角レンズ。希望小売価格は税込93,450円で、こちらも2012年5月下旬の発売開始を予定している。

 詳しくは以下のリンク先を参照のこと。

 ニュースリリース

 デジタル一眼レフカメラ「ニコン D3200」を発売
 http://www.nikon.co.jp/news/2012/0419_d3200_01.htm
 ワイヤレスモバイルアダプター「WU-1a」を発売
 http://www.nikon.co.jp/news/2012/0419_wu-1a_02.htm
 「AF-S NIKKOR 28mm f/1.8G」を発売
 http://www.nikon.co.jp/news/2012/0419_nikkor_03.htm

 製品情報
 ニコン D3200
 http://www.nikon-image.com/products/camera/slr/digital/d3200/index.htm
 AF-S NIKKOR 28mm f/1.8G
 http://www.nikon-image.com/products/lens/af/fx/singlefocal/af-s_28mmf18g.htm



キヤノン、4K動画出力に対応したデジタル一眼レフカメラ「EOS-1D C」の発売を発表 2012年4月17日 
 当協会の賛助会員であるキヤノンは、4K動画出力に対応したデジタル一眼レフカメラ「EOS-1D C」を2012年10月に発売すると発表した。EOS-1D X 相当のボディに4K動画出力機能を備えた戦略製品で、同社の CINEMA EOS SYSTEM の強化を図る。詳しくはリンク先を参照のこと。

 http://cweb.canon.jp/newsrelease/2012-04/pr-eos1d-c.html


TIPA、「TIPA アワード 2012」を発表 2012年4月17日 
 世界的な写真雑誌の団体である Technical Image Press Association (TIPA) は、2012年度分の「TIPA アワード 2012」を発表した。キヤノンEOS-5D Mark IIIEOS-1D X など、ニコンNikon D800Nikon D5100 など、富士フイルムFUJIFILM X-Pro 1 など、ペンタックスリコーイメージングPENTAX Optio WG-2 などと、当協会の賛助会員各社の製品も各部門で同アワードを受賞している。詳細はリンク先を参照のこと。

 http://www.tipa.com/english/awards-search.php?searchType=byYear&searchValue=2012


鬼界順会員が月刊カメラマン「この写真家に注目!」に掲載 2012年3月26日 
(画像をクリックして拡大)  
 No.980 鬼界順会員が「月カメ推薦・気鋭の60人」の一人として、月刊カメラマン (モーターマガジン社) 2012年4月号の特集記事「この写真家に注目!」に掲載されています。

 鬼界会員は旅行雑誌のフォトグラファー/ライターとして取材を続ける傍ら、南イタリアをテーマに撮影行を重ね、関西各地で作品を発表しています。そうした活動ぶりが丸々1ページを使い、作品とともに紹介されています。



キヤノン、デジタル一眼レフカメラ「EOS 5D Mark III」を発売 2012年3月2日 
 当協会の賛助会員であるキヤノンマーケティングジャパン株式会社とキヤノン株式会社は、デジタル一眼レフカメラ「EOS 5D Mark III」を3月下旬に発売すると発表した。

 「EOS 5D Mark III」は従来機種「同 Mark II」の後継機で、35mmフルサイズ(約36.0mm × 24.0mm)の撮像面積で約2,230万画素の撮像素子を備え、強力な画像処理エンジンにより常用ISO感度を100-25600、増感範囲をISO102400までとそれぞれ従来機種より2段ずつ拡大しながら高画質を達成したほか、最高約6コマ/秒の連写が可能となった。視野率約100%の光学ファインダーに上位機種「EOS 1D X」と同等の61点AFを搭載したほか、カメラ内HDR撮影やカメラ内RAW現像、「EOS 1D X」とほぼ同等の動画撮影機能などを備える。詳しくはリンク先を参照のこと。

 ニュースリリース
 http://cweb.canon.jp/newsrelease/2012-03/pr-5dmk3.html
 EOS 5D Mark III 製品情報
 http://cweb.canon.jp/camera/eosd/5dmk3/



棚井文雄会員の作品集がニューヨークの3書店で期間限定発売 2012年2月29日 
棚井文雄作品「Shades of Cities」  No.334 棚井文雄会員の作品集「Shades of Cities」がニューヨークの3書店で展示販売されます。

 「Shades of Cities」は越前和紙に出力されたアーティストブックだそうで、St.Marks Bookshop, Printed Matter, アメリカ紀伊國屋書店 ニューヨーク本店の3店舗において、いずれも3月1日から13日までの期間限定で販売されるとのことです。

 作品について  About Fumio Tanai



キヤノン、コンパクトデジタルカメラ6機種を発売 2012年2月8日 
 当協会の賛助会員であるキヤノンマーケティングジャパン株式会社とキヤノン株式会社は、コンパクト機のフラッグシップモデルとなる「PowersShot G1 X」など、コンパクトデジタルカメラ6機種を3月上旬より発売すると発表した。

 「PowerShot G1 X」は従来機比約6.3倍の面積を持つ撮像素子を採用したコンパクト機で、1画素あたりの受光面積が従来機比約4.5倍に拡大されたため、S/N比の向上とノイズ減少を実現した。さらに画像処理エンジン「DIGIC 5」と新開発光学系の採用により、飛躍的な画質向上がもたらされた。14.3Mピクセルの画素数をもち、ISO感度は100-12800。135サイズ換算で28mm/F2.8〜112mm/F5.8に相当するズームレンズを備え、1980×1080フルHD/24fpsの動画撮影にも対応。詳しくはリンク先を参照のこと。

 ニュースリリース
 http://cweb.canon.jp/newsrelease/2012-02/pr-powershotg1x.html
 PowerShot G1 X 製品情報
 http://cweb.canon.jp/camera/dcam/lineup/powershot/g1x/



オリンパス、マイクロフォーサーズ規格のミラーレス機「OLYMPUS OM-D」を発売 2012年2月8日 
 オリンパスイメージング株式会社は、マイクロフォーサーズ規格のミラーレス機「OLYMPUS OM-D」を3月下旬に発売すると発表した。

 「OM-D」は同社が推進するマイクロフォーサーズ規格に準拠し、各社が提供する同規格交換レンズの使用が可能なミラーレス機。(マウントアダプタ経由でフォーサーズ規格レンズの装着も可能。)フィルム時代のOMシリーズを彷彿とさせるデザインで、防塵・防滴構造をもち、電子ビューファインダーを装備する。16Mピクセルの画素数を持ち、ISO感度は最大256000。1920×1080フルHDの動画撮影にも対応。コマンダー機能付きの小型ストロボが付属する。別売のパワーバッテリーホルダー装着も可能。詳しくはリンク先を参照のこと。
 ニュースリリース
 http://www.olympus.co.jp/jp/news/2012a/nr120208em5j.cfm
 製品情報
 http://olympus-imaging.jp/product/dslr/em5/index.html



ペンタックス、Kマウント採用のミラーレス機「PENTAX K-01」を発売 2012年2月8日 
 当協会の賛助会員であるペンタックスリコーイメージング株式会社は、Kマウントを採用したミラーレス機「PENTAX K-01」を発売すると発表した。

 「K-01」はAPS-Cサイズの撮像素子を備えたミラーレス機で、フィルム時代から馴染みの深いKマウントの採用により豊富な交換レンズを使うことができ、スクリューマウントレンズや67, 645レンズ用のマウントアダプタも用意される。常用ISO感度は100-12800で、さらに1段の増感も可能。16Mピクセルの画素数を持ち、1920×1080フルHD/30fpsの動画撮影にも対応する。発売日は3月中旬の模様。詳しくはリンク先を参照のこと。

 ニュースリリース
 http://www.pentax.jp/japan/news/2012/201203.html
 製品情報
 http://www.pentax.jp/japan/products/k-01/



ニコン、デジタル一眼レフカメラ「ニコン D800/D800E」他を発売 2012年2月7日 
 当協会の賛助会員である株式会社ニコンイメージングジャパンは、同じく賛助会員である株式会社ニコンが開発・製造するデジタル一眼レフカメラ「ニコン D800」「ニコン D800E」を発売すると発表した。

 「D800」はプロ向け高画素デジタル一眼レフカメラで、ニコンFXフォーマット(35.9x24.0mm)の撮像素子を備え、常用ISO感度100-6400で36.3Mピクセル(7360×4912)の画素数を持ち、1920×1080のフルHD/30fpsの動画撮影が可能。「D800E」は「D800」の光学ローパスフィルターの作用をなくした派生モデル。繰り返しパターンのある被写体だと偽色やモアレが目立つ場合もある代わりに、ローパスによる解像感低下を排除した。いずれもオープンプライスで、「D800」は2012年3月22日、「D800E」は2012年4月15日に発売予定。

 また、同社はコンパクトデジタルカメラのスタイリッシュ製品群「COOLPIX S9300」「同 S6300」「同 S3300」「同 S4300」、同じくパフォーマンス製品群「COOLPIX P310」「同 P510」、同じくエントリー製品群「COOLPIX L810」「同 L26」の発売を発表した。

 なお、当初2月16日の発売を予定していた「ニコン D4」と関連アクセサリーは、予想を上回る受注数があった由で、製品数量確保のため発売日が3月15日に延期された。逆に、3月22日発売予定だったFマウント交換レンズ AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G は発売日が前倒しとなり、2月16日に発売される予定。

 詳しくは以下のリンク先を参照のこと。

 ニュースリリース

 D800/D800Eを発売
 http://www.nikon.co.jp/news/2012/0207_d800_01.htm
 COOLPIX Sシリーズを発売
 http://www.nikon.co.jp/news/2012/0207_coolpix-s_02.htm
 COOLPIX Pシリーズを発売
 http://www.nikon.co.jp/news/2012/0207_coolpix-p_03.htm
 COOLPIX Lシリーズを発売
 http://www.nikon.co.jp/news/2012/0207_coolpix-l_04.htm
 D4とアクセサリーの発売延期
 http://www.nikon-image.com/products/info/120207_01.htm
 AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G の発売日変更
 http://www.nikon-image.com/products/info/120207_03.htm

 製品情報
 D800
 http://www.nikon-image.com/products/camera/slr/digital/d800/
 COOLPIXシリーズ
 http://www.nikon-image.com/products/camera/compact/



富士フイルムイメージングシステムズ株式会社を設立 2012年2月1日 
 富士フイルム株式会社は、2012年2月1日に同社のコンシューマー営業本部とプロラボクリエイトなどを運営してきた富士フイルムイメージテック株式会社を統合し、富士フイルムイメージングシステムズ株式会社を設立、日本国内のイメージング事業を統括する販売会社として発足させた。フィルム分野で長年培われた技術・ノウハウとデジタル分野の先進テクノロジーをベースにして、写真・映像分野の各種製品・サービスとソリューションを提供する。
 これに伴い、当協会の賛助会員もこれまでの富士フイルム株式会社から富士フイルムイメージングシステムズ株式会社に変更された。新会社に関する詳細はリンク先を参照のこと。

 富士フイルムイメージングシステムズ株式会社
 http://ffis.fujifilm.co.jp/



富士フイルム、ミラーレス機「FUJIFILM X-Pro1」を発売 2012年1月27日 
 当協会の賛助会員である富士フイルム株式会社は、レンズ交換式プレミアムカメラ「FUJIFILM X-Pro1」と交換レンズ群を開発し、2012年2月18日(土)より発売すると発表した。いわゆる「ミラーレス一眼」ジャンルに属する新製品で、APS-Cサイズ16Mピクセルの撮像素子を備え、フィルター配列の工夫により、光学ローパスフィルターなしで高い解像感とノイズ低減の両立を可能にした。詳しくはリンク先を参照のこと。

 ニュースリリース
 http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/articleffnr_0606.html
 製品情報
 http://fujifilm.jp/personal/digitalcamera/x/fujifilm_x_pro1/index.html



ニコン、「ニコンプラザ仙台」を開設 2012年1月26日 
 当協会の賛助会員である株式会社ニコンは、同じく賛助会員である株式会社ニコンイメージングジャパンとともに仙台駅至近のAER(アエル)ビル29Fに「ニコンプラザ仙台」を開設し、2012年2月28日(火)より業務を開始すると発表した。仙台サービスセンター、フォトギャラリー、コミュニティスペース、フォトスクエアを設け、映像関連製品や双眼鏡等の修理品受付・メンテナンスサポートのほか、同社グループを挙げた東日本大震災被災地域への支援活動拠点として活用する。2008年末に当時の仙台サービスセンターが閉鎖されて以来、同社映像製品の東日本サービス拠点は東京都内と札幌市内だけになっていたが、久々の復活となる。詳しくはリンク先を参照のこと。

 東日本大震災により被災された地域の支援活動拠点「ニコンプラザ仙台」を開設
 http://www.nikon.co.jp/news/2012/0126_nikonplaza_01.htm



米国コダック、連邦破産法第11章の適用を申請 2012年1月19日 
 米国イーストマン・コダック社は、本日、同社と米国内子会社がニューヨーク州南部地区の破産裁判所に連邦破産法第11章(日本の民事再生法に相当)の適用を申請したと発表した。米国外の子会社については適用の対象外。今後は事業を継続しながら経営再建を目指す。詳しくはリンク先を参照のこと。

 http://www.kodaktransforms.com/



アドビ、アップグレードポリシーの再度変更を発表 2012年1月13日 
 アドビシステムズ株式会社は、昨日、今年前半に発売予定のCS6製品に適用するアップグレードポリシーを再度変更し、2012年中はCS5/5.5, CS4, CS3の主要3バージョンについてCS6製品へのアップグレードを認めると発表した。昨年11月に次期製品へは直前の主要1バージョン(CS5/5.5)のみアップグレード可とするポリシー変更を発表していたが、制限を緩和する。詳しくはリンク先を参照のこと。

 http://www.adobe.com/jp/support/upgrade_policy/



ニコン、デジタル一眼レフカメラ「ニコン D4」と交換レンズを発売 2012年1月6日 
 当協会の賛助会員である株式会社ニコンイメージングジャパンは、同じく賛助会員である株式会社ニコンが開発・製造するデジタル一眼レフカメラ「ニコン D4」ならびにニコンFマウントの交換レンズ「AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G」の発売を発表した。

 「ニコン D4」はプロ向けデジタル一眼レフカメラのフラッグシップモデルで、ニコンFXフォーマット(36.0x23.9mm)の撮像素子を備え、16.2Mpxの画像サイズで常用ISO感度100-12800(50-204800相当まで増減感可能)、毎秒約10コマの連続撮影、一部F8対応の51点AF、1980x1080/30fpsのフルHD動画撮影などに対応する。詳細はリンク先を参照のこと。

 Nikon D4 (2012年2月16日発売, オープンプライス)
 http://www.nikon.co.jp/news/2012/0106_d4_01.htm

 AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G (2012年3月22日発売, 65,100円)
 http://www.nikon.co.jp/news/2012/0106_nikkor_02.htm



ニコン、タイ工場の排水完了と一部製品の出荷再開を発表 2011年12月1日 
 当協会の賛助会員である株式会社ニコンは、タイの洪水被害に関連し、ニコンタイランド社周辺の排水が11月26日に完了したこと、ならびにタイの協力工場における限定的な代替生産により、11月30日から一部製品の出荷を再開したことなどを発表した。詳しくはリンク先を参照のこと。

 タイの洪水被害に関するお知らせ(第4報)
 http://www.nikon.co.jp/news/2011/1201_01_j.htm



ニコン、スピードライトSB-910を発売 2011年11月30日 
 当協会の賛助会員である株式会社ニコンは、スピードライト(ストロボ)の新製品SB-910を発表した。同じく当協会の賛助会員である株式会社ニコンイメージングジャパンを通じ、12月15日より発売する。従来製品SB-900の操作性をブラッシュアップしたほか、配光精度の向上・付属フィルターの耐久性向上などを施し、価格は据え置いた。詳しくはリンク先を参照のこと。
 http://www.nikon.co.jp/news/2011/1130_sb-910_01.htm



アドビ、Creative Cloud の提供価格とアップグレードポリシーの変更を発表 2011年11月10日 
 アドビシステムズ株式会社は、本日、Adobe Creative Cloud の提供価格ならびに次期CS製品から適用されるアップグレードポリシーの変更を発表した。
 Adobe Creative Cloud は同社が提供するクラウドサービスと、サポート・トレーニングを含む最新のCreatie Suite製品群を月額5,000円ですべて使うことができる定額制サービスで、同社では新規購入者の多くがこのサービスを選択するものと予想している。
 また、次期 Adobe Creative Suite パッケージ版と関連各製品からアップグレードは主要1バージョン(小数点を含まない数字)前までとなり、CS4製品から次期バージョンへのアップグレードはできなくなる。なお、現行のCS5および5.5製品へは、従来通り3バージョン前(CS2以降)からのアップグレードが可能だが、現行製品の店頭在庫がなくなり次第終了となる。詳しくはリンク先を参照のこと。

 http://www.adobe.com/jp/support/upgrade_policy/



ニコンイメージング、D300SとD700の出荷終了を発表 2011年11月8日 
 当協会の賛助会員である株式会社ニコンイメージングジャパンは、2008年11月20日に施行された改正電気用品安全法の猶予期間満了に伴い、当協会の賛助会員である株式会社ニコンが製造するデジタル一眼レフカメラD300SとD700ならびに一部アクセサリー類について、11月20日以降の国内出荷を終了すると発表した。なおD3XとD3Sについては、11月19日以前の製造分に限り国内向け出荷を継続する。これにより、プロ向けDX機と同軽量FX機については、一時的に新品供給が途絶えることになる。詳細はリンク先を参照のこと。

11月20日以降
出荷を終了する製品
デジタル一眼レフカメラ D300S, D700
ワイヤレストランスミッター WT-3
マルチパワーバッテリーパック MB-D10, MB-D200, MB-D80
バッテリー室カバー BL-3
バッテリー EN-EL9
11月20日以降も
出荷を継続する製品
デジタル一眼レフカメラ D3X, D3S
ワイヤレストランスミッター WT-4
バッテリー EN-EL4a, EN-EL3e, EN-EL9a

 http://www.nikon-image.com/support/whatsnew/2011/wnew111108.htm



日本国際写真連盟、第1回国際公募写真展を開催 2011年11月7日 
 当協会のNo.914梅原貴之会員・No.916藤井晶夫会員らが参加している日本国際写真連盟(JIPF)は、第1回国際公募写真展を開催する。応募作品はJPEGフォーマット, 長辺3000px以上, 300dpi, sRGB色空間のデジタル画像に限り、カラー・白黒各4点まで。2012年3月末日必着締切。詳しくはリンク先を参照のこと。

 JIPFサイト
 http://www7b.biglobe.ne.jp/~jipf/
 応募要項
 http://www7b.biglobe.ne.jp/~jipf/DETA/Entry%20Form%20HP%20111009.pdf


堀内カラー、ネットdeザ・フォトアルバムを発売 2011年11月5日 
 当協会の賛助会員である株式会社堀内カラーは、インターネットで発注できる写真集「ネットdeザ・フォトアルバム」を発売し、受注を開始した。銀塩印画紙タイプとオンデマンド印刷タイプの2タイプがあり、業務用受注にも対応する。詳しくはリンク先とチラシ拡大画像を参照のこと。

 http://www.horiuchi-color.co.jp/netdethe-photoalbum/
 (各画像をクリックして拡大)
 チラシ表 チラシ裏

ニコン、タイ洪水被害に関する情報と決算短信を発表 2011年11月5日 
 当協会の賛助会員である株式会社ニコンは、タイの洪水被害に関連し、一眼レフカメラの製造主力工場であるニコンタイランド社が受けた被害・業績への影響と今後の稼働見通し、2012年3月期第2四半期決算短信を発表した。来月からグループ内製造拠点で代替生産を開始、2012年1月にタイ工場を再稼働させ、3月末には通常の生産量に戻す計画。詳細はリンク先を参照のこと。

 タイの洪水被害に関するお知らせ(第3報)
 http://www.nikon.co.jp/news/2011/1104_01_j.htm
 平成24年3月期第2四半期決算短信/決算関係データ
 http://www.nikon.co.jp/ir/ir_library/result/index.htm#y2012



キヤノン、デジタル一眼レフ「EOS-1DX」を発表 2011年10月29日 
 当協会の賛助会員であるキヤノンマーケティングジャパン株式会社ならびにキヤノン株式会社は、このほどデジタル一眼レフカメラの新製品「EOS-1DX」を発表した。従来の「EOS-1D」系と「EOS-1Ds」系を統合したプロ向け製品で、35mmフルサイズ・約1,810万画素の撮像素子を備え、常用感度ISO100〜51200(さらに2段増感可能)で毎秒約12コマの連写性能を持つ。2012年3月発売予定。詳細はリンク先を参照のこと。

 http://cweb.canon.jp/newsrelease/2011-10/pr-1dx.html



ニコン、iPhone等とプロジェクター内蔵デジカメをつなぐ無料ソフトの配布を開始 2011年10月17日 
 当協会の賛助会員である株式会社ニコンは、同社製プロジェクター内蔵デジタルカメラ「COOLPIX S1200pj」でiPhone等[*1]内の各種コンテンツを投影するための無料ソフトウェア「iP-PJ Transfer」を開発し、App Storeにおいて配布を開始した。このソフトにより、iPhone等に保存されている動画・静止画の投影機能が拡張されるほか、パソコンで作成してiPhone等に転送したオフィス系ドキュメントやWebサイトの投影も可能になるため、極めてコンパクトなプレゼンテーション環境が構築できる。詳細はリンク先を参照のこと。

 [*1] iPhone 4, iPad, iPad 2, iPod touch(第4世代)

 http://www.nikon.co.jp/news/2011/1017_ip-pj-transfer_02.htm



ニコン、レンズ交換式デジタルカメラ2機種を発売 2011年9月21日 
 当協会の賛助会員である株式会社ニコンイメージングジャパンは、同じく賛助会員である株式会社ニコンが開発・製造するレンズ交換式アドバンストカメラ(いわゆる「ミラーレス一眼」)2機種、ならびに交換レンズ・アクセサリー類を新たに発売した。詳細はリンク先を参照のこと。

 Nikon 1 J1, Nikon 1 V1
 http://www.nikon.co.jp/news/2011/0921_nikon-1_01.htm

 Nikon 1 シリーズ用交換レンズ
 http://www.nikon.co.jp/news/2011/0921_1-nikkor_02.htm

 アクセサリー
 http://www.nikon.co.jp/news/2011/0921_accessories_03.htm


「PENTAX 645D」が「EISA ヨーロピアン プロフェッショナル カメラ 2011-2012」を受賞 2011年9月6日 
 当協会の賛助会員であるHOYA株式会社ペンタックス・イメージングシステム事業部の中判デジタル一眼レフカメラ「PENTAX 645D」が、EISA Photo Awards において「ヨーロピアン プロフェッショナル カメラ 2011-2012」を受賞した。これにより、同機は「TIPA ベスト プロフェッショナル デジタル一眼レフカメラ 2011」ならびに「カメラグランプリ2011 大賞」と併せ、日・欧の主要3賞すべてを獲得した。詳細はリンク先を参照のこと。

 http://www.pentax.jp/japan/news/announce/20110817.html


写真弘社、弘社フォトブックを発売中 2011年9月5日 
 当協会の賛助会員である株式会社写真弘社は、少部数から低価格(10冊45,570円〜, 編集料等別)で制作できる写真集「弘社フォトブック」を発売している。詳しくは同社まで問い合わせのこと。
 弘社フォトブック案内 (PDF)
 お試しキャンペーン案内 (JPEG) ←すでに終了
 写真弘社のサイト:http://www.shashinkosha.co.jp/
 問い合わせ:info@shashinkosha.co.jp


ニコン、コンパクトデジタルカメラ6機種を発売 2011年8月24日 
 当協会の賛助会員である株式会社ニコンイメージングジャパンは、同じく賛助会員である株式会社ニコンが開発・製造するコンパクトデジタルカメラCOOLPIXシリーズ6機種を新たに発売した。詳細はリンク先を参照のこと。

 COOLPIX P7100
 http://www.nikon.co.jp/news/2011/0824_coolpixp7100_03.htm

 COOLPIX AW100 (防水・耐衝撃・耐寒)
 http://www.nikon.co.jp/news/2011/0824_coolpixaw100_02.htm

 COOLPIX S6200, S8200, S100, S1200pj
 http://www.nikon.co.jp/news/2011/0824_coolpix-s_01.htm


デジタル一眼レフカメラ「ニコン D7000」が「EISA アワード」を受賞 2011年8月22日 
 当協会の賛助会員である株式会社ニコンのデジタル一眼レフカメラ「D7000」が、EISA Photo Awards において「ヨーロピアン アドバンスドSLRカメラ 2011-2012」を受賞した。詳細はリンク先を参照のこと。

 http://www.nikon.co.jp/news/2011/0822_eisa_01.htm


山口芳男会員が無料ギャラリースペースを開設 2011年8月4日 
 No.778 山口芳男会員は、このほど東京都八王子市狭間町にカフェを開設し、同時に無料で利用できるギャラリースペースを設けた。利用希望の場合は直接山口芳男会員まで連絡のこと。詳細は拡大画像参照。

案内