お知らせ - メキシコのイダルゴ州立大学が国際イメージコンテストを開催します。 2012年12月11日掲載
 メキシコ合衆国イダルゴ州パチューカ市のイダルゴ州立大学では、国際イメージコンテストを開催します。これにつき、このほど在メキシコ日本大使館からJPA宛に周知の依頼がありました。

 2013年4月18日から25日まで、同大学が主催して今年で三回目となる国際イメージフェスティバル(FINI)がパチューカ市で開催されますが、このコンテストはその一環として行われるものです。学生部門とプロ部門の2つに分かれ、各部門それぞれに写真、デジタルファインアート(アート紙にデジタルプリントされることを前提に制作されたデジタル画像)、ドキュメンタリービデオの3ジャンルの作品が募集されます。今回のFINIのテーマは「女性の権利と自由」なので、応募作品もこれに沿った内容で、過去5年以内に制作されたものでなければなりません。ちなみに日本人写真家の Kimiko Yoshida 氏が今回の招待作家になっていて、左上画像のようにFINIのWebサイト内に作品が掲載されています。

 コンテストでは各部門の各ジャンルとも一次審査で3名ずつファイナリストが選ばれ、最終審査で1〜3位の順位が決定されます。プロ部門の賞金は各ジャンルとも1位が4,000USドル、2位が2,000USドル、3位が1,000USドルとなっているほか、ファイナリストには授賞式と作品展覧会への出席のためにパチューカ市に滞在する間の宿泊と食事が提供されます。

 写真とデジタル画像については、2012年11月1日から2013年1月27日までの間にFINIのWebサイトから参加登録したうえ、作品を送信して応募します。第一次審査の結果は2013年3月1日までに決まり、FINIのWebサイトで発表されるほか、ファイナリストにメールで通知されます。ファイナリストは紙にプリントした作品と高解像度画像を収録したCDを2013年4月4日必着で所定の場所に郵送するか持ち込む必要があります。最終審査の結果は2013年4月20日に決まり、順位が発表されるとともに、同日から5月31日までパチューカ市内で展示されます。なお、作品水準等によってはジャンル毎に入賞なしとする場合もあるそうです。

 詳しくはFINIのWebサイトコンテスト開催要項のPDF(英語)をご覧ください。