お知らせ - 中村太郎会員の散歩写真をサンデー毎日が掲載 2012年9月18日掲載
(各画像をクリックして拡大)  


サンデー毎日2012年9月16日号より

 No.626 中村太郎会員の散歩写真が「サンデー毎日」2012年9月16日号に掲載されました。タイトルは「空高く、木々色づく頃(江ノ電さんぽ秋編)」で、鎌倉に住む中村さんが江ノ電界隈を撮影して5ページにわたって掲載されています。

 トップページは富士山をバックにした江ノ電の写真。2〜3ページ目は界隈の神社、仏閣の祭礼行事。4ページ目は稲村ヶ崎、七里ヶ浜付近の風景で、5ページ目は長谷寺の紅葉のライトアップ写真で構成されています。

 中村さんは1940年東京生まれ。元毎日新聞社写真部編集委員で、多数の写真集、写真展を開かれています。1978年「ある歌景色」で東京写真記者協会賞を受賞したのを始め、1983年ねむの木学園の「まり子さんと50人の子どもたち」で第3回日本雑誌写真記者会賞を受賞するなど、毎日新聞社が輩出した代表的写真部員のお一人です(日本雑誌写真記者会賞は計3回の受賞)。

 とりわけ、求龍堂から出版された書籍「宮沢賢治幻想紀行」(1996)、同じく「茂吉の山河−ふるさとの風景」(2003)(いずれも写真を担当)は話題を呼びました。今後もご活躍を期待したいものです。

 なお同シリーズの「春編」が同誌4月22日号、「夏編」が6月17日号に、それぞれ掲載されているとのことです。
(記:広報 丹羽 諭)