お知らせ - 文芸美術国民健康保険組合の加入審査基準が変更されました。 2011年7月3日掲載
 7月3日午後、東京銀座三笠会館で開かれた臨時組合会に丹羽が出席しました。

 組合規約の一部改正案が提示され「組合員が、文芸・美術及び著作に従事するものであることの判定基準は、別に定める」という一項が加えられて、具体的には今後、文芸美術健康保険組合に加入する際に確定申告書B控(写)の提出が必要となりました。つまり、申告の際の職業欄で「写真家」または「写真」に関わる職業であると記入されていることが必要です。

 これは、昨年、異業種の組合に於いて、組合員として正しく該当しないケースがあったため、監督官庁の厚生労働省と東京都の指導で改正されるものです。今日、7月3日から施行されます。
(記:広報 丹羽 諭)