お知らせ - 本田登会員がニュースサイト「呉インターネット写真ニュース」を運営 2012年4月19日掲載

 広島県呉市在住のNo.382 本田 登会員は、2004年9月3日に地域のニュースサイト「呉インターネット写真ニュース」を立ち上げ、以来現在に至るまで、写真をふんだんに使って地域情報を発信し続けていらっしゃいます。

 本田さんは呉市のお生まれで、写真学校を卒業して地元で就職。1981年から地元テレビ局の呉支局委託記者としてビデオ撮影と取材を担当し、20年以上にわたり地域のニュースを発信してこられました。その間に培われた地元の人々とのつながりを失わないようにと、テレビのお仕事を離れた後、ご自身でニュースサイトを立ち上げられたそうです。

 掲載される内容は行政情報、農林漁業の話題、企業情報、市民生活と地域のイベントや季節感を伝える光景など多岐にわたり、いずれも提供されるプレスリリースを掲載して済ませるのではなく、ご自分で足を運んで取材のうえ、写真を撮って掲載しておいでなので大変説得力があります。また掲載された写真を見ると、本田さんが地元の人々や各行政機関など、取材先の信頼を得ていることがよくわかります。もちろん地元ではメディアとしてしっかりと認知されていて、月平均約1万5千件ものアクセスがあるそうです。

 本田さんはサイト開設に伴う作業こそ外注なさったものの、その後は取材・撮影・記事の執筆からページ更新作業に至るまで、すべてご自身でなさっておいでとのこと。まったくもって頭が下がります。今後とも地域情報の発信にご尽力ください。
(記:広報T)