お知らせ - No.732櫻井龍記会員の活動を中国新聞が紹介 2012年2月8日掲載
(各画像をクリックして拡大)  
櫻井龍記会員の活動を紹介する中国新聞の記事  当協会会員で広島市在住の櫻井龍記さんは、2008年と2009年に合計1ヶ月をかけてベトナム北部を取材なさいました。今年1月から広島市西区の喫茶店「Orange」にそのとき撮影した作品を展示したところ好評で、このたび中国新聞の広島都市圏版で紹介されました。

 作品はベトナム各地の農漁村に暮らす人々の様子を伝えていますが、櫻井さんは特に北部少数民族居住地の就学環境に強く心を動かされたとのことです。
「ベトナム北部の少数民族の居住地では、各集落の子供たちが長い道のりを毎日歩いて学校へ通っている。学校か物置小屋かわからないような粗末なところで、20名くらいの子供たちが元気に飛び跳ねている。先生はハノイから単身で来ている女性で、ただ一人小屋掛けの隅っこで木箱を並べて寝起きしている。子供たちはわずかな援助金で学んでいるそうで、物を書くにも鉛筆がなく紙切れもなく、絵を描くにもクレヨンもない。先生の給料すらままならないような状況だ。」(櫻井会員談)
 櫻井さんは現地の実情を知って驚くとともに「何故かせつなさを覚えた」そうです。文房具を贈ると帰り際に子供たちと約束をして、日本に帰国後すぐに送ったとのこと。「ベトナムは南部と中部と北部で生活の習慣が違い、特に北の少数民族の風習は昔の日本を思い出します。我ら1940年生まれは特に思うところがあります。皆さん、ぜひ日越友好のためにベトナムへ出かけてみてください。」と話しておいでです。
(記:広報T)

櫻井龍記作品より 櫻井龍記作品より
櫻井龍記作品より 櫻井龍記作品より
櫻井龍記作品より

櫻井龍記写真展「ベトナム」
会期 2012年1月〜12月
会場 喫茶「Orange」
733-0003 広島市西区三篠町3-9-18 メゾン三篠1F
山陽本線横川駅徒歩10分, 082-239-6000
08:00〜19:00 年中無休
備考 展示作品は毎月初めに入れ替えられます。
これからの写真展案内もご覧ください