一般社団法人 日本写真作家協会 モバイルサイト

●当協会事務局の所在地
  104-0061 東京都中央区銀座1-19-3 銀座ウイステーリアビル3F
電話03-3535-6251
FAX 03-3535-6250
E-mail:
jpa@jpa-photo.com
都営地下鉄浅草線宝町駅A1出口徒歩3分, 昭和通り新京橋交差点東進30m京橋プラザ交差点南西角

●当協会の目的
  当協会は、写真による記録及び表現の創作並びにそれらの研究に努め、もって文化向上に寄与し、社会の発展に貢献することを目的とします。

●当協会の事業
  上記の目的に資するため、当協会では次の事業を行います。
1. 写真の研究発表会、展覧会、講演会の開催
2. 写真創作活動の推進及び研究
3. 写真著作権の普及及び研究
4. 写真文化活動の国際的交流の推進
5. 会員相互の情報交換のための会報、その他当協会の目的を達成するために必要な出版物の刊行
6. 前各号に掲げる事業に附帯又は関連する事業

●正会員入会案内
対象者:
  写真作家(写真による記録または創作的表現を行う者)、または写真研究者等(研究者のほかに評論家、ディレクター、デザイナー、編集者、写真教育者等、写真表現に関連する分野に携わる者を含む)で、すでに活動実績があること。
具体的には、次のA〜Dのいずれかに当てはまる方を入会審査の対象とします。
A. 過去に作品展(個展)か作品集(著書)の刊行を1回以上行っている。
B. 過去3年以上継続して展覧会・印刷物等に作品を発表している。
C. 過去3年以上継続して写真研究者等として活動している。
D. A〜Cのいずれにも当てはまらないが、30歳未満で将来写真作家として有望と認められる。
審査資料:
  写真作家に必要な提出物=AまたはBのいずれか
 A. 六切または四切のオリジナルプリント作品10点以上(カラー・モノクロいずれでも可。各作品にタイトル、キャプションをつけてください。)
 B. クレジットの入った印刷物5点以上
写真研究者に必要な提出物
 論文(写真史、写真論、写真科学、写真光学、その他)
提出物
  1. 上記審査資料
2. 正会員入会申込書1部。当協会に3年以上在籍の正会員1名と、同じく1年以上在籍の正会員1名、都合2名の推薦人の署名・捺印が必要。
3. カラー顔写真(24x30mm縦位置)3枚。うち1枚は申込書に貼付。
4. 入会審査料3,000円(別便の現金書留で)
以上を事務局(住所等はページ先頭)あてに送付のこと。
入会審査
  申込は毎月末締、翌月の理事会で審査。入会が認められるた場合は以下の入会金・初年度年会費を納付し、次月1日付で入会。
入会金:
  一律5万円
初年度年会費:
  入会月によって異なります。(2,500円×初年度在籍月数)
例)
 4月入会30,000円
 5月入会27,500円
  …
 3月入会2,500円
会員の特典:
  ・当協会の会員には、JPAバッジを貸与します。
・会報「JPAニュース」を発行の都度お送りします。また会員向けメールマガジンをお届けします。
・JPA会員はニコンのNPS会員・ペンタックスのプロ会員と同等に扱われ、JPA会員証の提示により、両社が提供する各種のプロサービスを受けることができます。
・個人事業主である職業写真家(フリーカメラマン)のJPA会員は、文芸美術国民健康保険組合の組合員になることができます。(同組合による審査あり)
・JPA会員には日本写真著作権協会の著作権者IDが付与されます。

●賛助会員も募集中
当協会の目的に賛同し、当協会の事業に協力する個人、法人又は団体は賛助会員としてご入会いただけます。詳しくは事務局までお問い合わせください。

▲先頭へ