会員作品紹介 - 写真展リポート

 川岸じろう写真展「敗戦の記憶」 (会員No. 941) 2012年10月16日掲載

川岸じろう写真展 開催案内 2012年8月9日(木)〜22日(水)
ニコンサロンbis大阪
530-0001 大阪府大阪市北区梅田2-2-2
ヒルトンプラザウエスト・オフィスタワー13F ニコンプラザ大阪内
地下鉄四つ橋線西梅田駅4-A/4-B出口すぐ, 06-6348-9698
10:30〜18:30 (最終日15:00まで, 8/18・19休館)

各画像をクリックして拡大

川岸じろう写真展 会場案内



(画像をクリックして拡大)  
川岸じろう会員
川岸じろう会員

 今年は、先の太平洋戦争が終わって67年目を迎えます。そして、今や日本では戦争のあったことすら知らない世代が多くなりました。

 川岸さんは、あの戦争を風化させてはならないと、6年前から小さいころの戦争の思い出を頼りに、各地に残された戦争遺跡を撮影してきました。そして、この写真展で「戦争を知らない方は、日本が過去にこんな苦しい時代があったことをしっかりと記憶しておいてほしい」と訴えています。

 タイトルに『敗戦』の文字が入っているのは、「戦争は絶対に起こさない」という作者の祈りが込められています。会場にはモノクロ及び一部カラ―作品52点が展示され、改めて「写真の力」「真実を訴える力」を感じました。

 川岸さんは「私の力の続く限り、この撮影を続けていきます」と語っていました。
(記:原 喜久雄)