会員作品紹介 - 写真展リポート

 岡村良彦写真展「ヘブンアーティスト −大道芸讃歌−」 (会員No. 675) 2012年6月28日掲載

岡村良彦写真展「ヘブンアーティスト −大道芸讃歌−」開催案内 2012年6月28日(木)〜7月4日(水)
アイデムフォトギャラリー「シリウス」
160-0022 東京都新宿区新宿1-4-10
地下鉄丸の内線 新宿御苑前駅 各出口徒歩1〜2分, 03-3350-1211
10:00〜18:00 (最終日15:00まで、日曜休館)

各画像をクリックして拡大

岡村良彦写真展「ヘブンアーティスト −大道芸讃歌−」会場案内  作品についてはこちらへ




(各画像をクリックして拡大)  
会場での岡村さん
会場での岡村さん
 ヘブンアーティストとは岡村さんの解説によると「天国の或いは天空の芸術家」のことで、平たく言うと「大道芸人」。ただし、東京都が募集して認められたライセンスを所持する芸術家達の写真展です。2008年からカメラをフィルムからデジタルに移行してニコンD700で撮り始め、最近は発売されてスグのD4を御使用とのこと。

 主な撮影場所はやはり東京上野公園が多く、他には渋谷や横浜でも撮影しているとのことです。会場には被写体となったアーティスト達が写真展のお祝いに駆けつけ
 「いゃあ〜きれいに写っている〜嬉しい〜!」
と喜んでおられました。

 点数はすべて全倍の52点。作品には岡村さんと被写体との信頼関係を彷彿とさせる雰囲気があって、温かい目線で撮影しておられるのがよくわかります。なかには投げ銭をする人もいるそうで、芸人達と観客と岡村さんが一体となって芸を楽しむ様子が想像出来ました。

 芸のお披露目はやはり土日が多いそうですが、上野公園に行って岡村さんを見かけたら、会員の皆さん、激励のお声をかけてあげて下さい。
(記:広報 丹羽 諭) 

展示作品より 展示作品より
展示作品より 展示作品より
展示作品より