会員作品紹介 - 写真展リポート

  水島和實写真展「滝・幾千年を流れる」 (会員No. 814) 2012年5月17日掲載

水島和實写真展 開催案内 2012年5月17日(木)〜23日(水)
アイデムフォトギャラリー「シリウス」
160-0022 東京都新宿区新宿1-4-10
地下鉄丸の内線 新宿御苑前駅 各出口徒歩1〜2分, 03-3350-1211
10:00〜18:00 (最終日15:00まで、日曜休館)

各画像をクリックして拡大

水島和實写真展 会場案内 



(各画像をクリックして拡大)  
作品が掲載された「フォトコンテスト」誌を手にした水島さん
作品が掲載された「フォトコンテスト」誌を
手にした水島さん
 13年間で全国約1,000ヶ所の日本の「滝」を回ったという驚異的な数字を誇る写真展が始まった。水島さんは定年後、本格的に撮影に取組み、全国に同好の士がたくさんいるので、その人達のインターネットの記事を参考にして同じ滝に新緑、紅葉、結氷の時と季節毎に出かけるという。

 場所は北海道から九州まで、有名、無名も含めて65点のカラー作品が並んでいる。有名な滝のすぐそばには時には別な滝があるということを今回の写真展で初めて知った。実に緻密に調査しておられるのがよくわかる。作品の質だけでなく、その努力に敬意を表したい。

 水島さんはこの滝の撮影だけでなく、郵船クルーズ「飛鳥II」の公式カメラマンを務めていて、乗船中は毎日、船から写真を郵船のHPを通じて発信されておられる。その作品はJPAのWeb写真展にも掲載され、今回、海外の滝の写真も展示されている。

 なお、17日のオープニングパーティーには友人多数が参加、JPA津田会長も出席しました。
(記:広報 丹羽 諭) 

会場風景 水島作品より
水島作品より 水島作品より
会場風景と水島作品