会員作品紹介 - 写真展リポート

 斎藤友覧写真展「季 とき の旋律」 (会員No. 353) 2011年9月16日掲載

案内ハガキ 2011年9月16日(金)〜29日(木)
富士フォトギャラリー新宿 スペース2
160-0022 新宿区新宿1-10-3 太田紙興新宿ビル1F
地下鉄新宿御苑駅2番出口徒歩2分, 03-5368-2530
10:00〜18:00 (日祝休場, 最終日14:00まで)

各画像をクリックして拡大

案内ハガキ




(各画像をクリックして拡大)  
写真教室の皆さんと 説明する斎藤さん1 説明する斎藤さん2
写真教室の皆さんと 説明する斎藤さん1 説明する斎藤さん2

 風景写真で著名で、なおかつJPA展の審査員を務めて頂いている斎藤友覧さんの写真展が始まった。日本の原風景を「季」という言葉に集約し写真で表現したと言ったらいいのか、彩りが綺麗の一言に尽きる。

 撮影地は西から兵庫、和歌山、京都、奈良、岐阜、長野、山梨、千葉、茨城、栃木、新潟、福島、山形、岩手、秋田、青森、北海道、と各地にわたるが、特に撮影地を意識してセレクトしたわけでなく、あくまで「絵」で選んだとの事である。また有名観光地というわけでもなく、長年各地を撮影して来て御自身で選んだ撮影ポイントの四季を、大判カメラ、デジタルカメラで撮影した計34点の作品展だ。

 ご本人は挨拶で「息を呑むほどの幽玄な情景は、今も変わらずときめく心を与えてくれます」と述べておられるが、千葉の九十九里海岸で時間が経つにつれ色もかたちも変化する波の情景をとらえた作品など、同じ場所でこれだけ表情が違うのかと印象深かった。

 斎藤さんの人柄がまたアマチュアの方達に人気があるようで、記者が取材に訪れた時、斎藤さんの写真教室の受講者の方達がたくさんおられてにぎわっていた。また今回は、隣のブースで、斎藤さんの写真教室「ふぉとくらぶ遊」の「四季旬景2011」写真展も同時開催されている。
(記:丹羽 諭) 

斎藤作品 九十九里1 斎藤作品 九十九里2
斎藤作品 九十九里1 斎藤作品 九十九里2