会員作品紹介 - 写真展リポート

 JPA会員展「第21回ブルーベイヨコハマ展」 2011年9月12日掲載

案内ハガキ 2011年9月11日(日)〜16日(金)
横浜市民ギャラリー1階展示室
231-0031 横浜市中区万代町1-1 横浜教育文化センター内
関内駅南口徒歩1分, 045-224-7920
10:00〜18:00 (無休, 初日13:00から, 最終日16:00まで)

各画像をクリックして拡大

案内ハガキ




 プロやアマチュアのベテラン写真家が所属する一般社団法人日本写真作家協会(JPA)会員の写真展「第21回ブルーベイヨコハマ展」が、9月11日から横浜市中区万代町の横浜市教育センター(JR関内駅南口前)の市民ギャラリーで開かれている。

 同展は県内中心とする関東一円在住の同協会56人が参加。メンバーは写真作家活動や写真教室の講師を務めるなど写真界で活躍中。会場には、MM21地区の新景や港横浜などと横浜をテーマにした作品と、東日本大震災を追ったものや下町のスナップ、美しい風景など132点が展示された。

 同展実行委員長の三輪晃士さん(64)は「今回は横浜をテーマにしたことでハマの四季が見られ、楽しい作品展となりました」と話した。

 同展は16日(金)まで。入場無料。
(記:山田信次) 

(各画像をクリックして拡大)  
会場風景 会場風景 会場風景
上掲3点撮影:永井勝雄