会員作品紹介 - 写真展リポート

 田村正次写真展「花咲く 〜トリアーネィ一族〜」「ブナ…命の泉」 (会員No. 981)   2011年3月5日掲載

田村正次写真展 2011年3月4日(金)〜16日(水)
富士フォトギャラリー調布
182-8686 東京都調布市柴崎1-67-1
京王線柴崎駅 徒歩8分
10:00〜18:00 (土日祭17:00, 最終日15:00まで)












各画像をクリックして拡大 



田村正次会員 昨年東京新宿「キタムラ」で「ラン」の写真展を開いたばかりの田村さんが、今度はこの「ラン30点」と「ブナの木36点」でいずれも全紙以上のサイズでの同時ダブル写真展を開いている。なんと精力的なことか。

 特に今回のブナの木はすべて東北の秋田や新潟の山間地で、まだ残雪が残る中での写真だ。その季節、その場所に立ち入ること自体が困難だが、登山者もいない所で、風雪に耐えてきたブナの巨木にカメラを構えて一人で立ち向かう田村さんの執念がひしひしと伝わって来る写真展である。

 何百年もたっているであろうブナの巨木は神聖で神々しい。地元のガイドさんに道案内をしてもらっているそうだが、写真家としてそこまで挑戦するのはなみたいていの努力ではない。

 まだ始まったばかりなので、お近くの方はぜひともご覧になることをお勧めしたい。
(記:丹羽 諭)